子育てのときに助けられた本リスト

私が子育てに困ったとき、不安になったときに読んで助けられた本をご紹介します。なかなか読む時間が持てない時期もあったし、文面が苦手だったり難しい表現をしている本は目がすべる(読んでも内容が入ってこない)タイプなので、他の人にも助けになるかはわかりませんが、私は助けられたので感謝の気持ちを込めて・・・。

子育て全般

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

生まれる前から現在まで、子育ての合間に読んだ本。「語りかけ」の実践はなかなか毎日はできなかったけれど、これを読んでいなかったらあまり話しかけない親になっていただろうなと思います。私はよくしゃべるタイプではないので、これを読んで無理して話しかけていました。(ある意味、言葉を話さない年齢の子に一方的に話しかけるのは苦痛でした。何を話せばいいのかわからなかったし。)

特にうちの子は赤ちゃんの頃にあまり声を出して笑わなかったので、心配もあって悩むと開いて読んだ記憶があります。

レビュー:0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児
⇒ 0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

 

子育てハッピーアドバイス

シリーズ化している有名な本です。「この子はこういう子なんだわ、と認める」というところが好き。発達障害などを抱えている子供は普通の子育て本に載っているような方法を試してもうまくいかないことが多いと思います。うまくできないと親の責任的なものだと苦しくなってしまうので、この考え方を読んだときは心が軽くなりました。

レビュー:子育てハッピーアドバイス
⇒ 子育てハッピーアドバイス

子どもはみんな問題児。

ぐりとぐらシリーズでおなじみの中川李枝子さんの本です。読み聞かせの教室でなかなか聞かない子供に悩んでいたときに読んだと思います。読み聞かせだけが絵本を楽しむということではないんだと知りました。うちの子は0歳代は絵本をよく食べていたし、1歳代は読むのではなくめくる作業が大好きでした。全部ひっくるめて楽しむということなんだなとほっとしました。他にもいろいろ。問題児の親は読んで損はないと思います。
⇒ 子どもはみんな問題児。

発達関係

うちの子は育てにくい子~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~

この本に出てくるヒルマくんはうちの子と似ている不安の強いタイプなので参考になりました。発達関係はタイプがいろいろなので、似ている特性の人の本なのかどうかがカギ。

⇒ うちの子は育てにくい子~発達障害の息子と私が学んだ大切なこと~

14歳からの発達障害サバイバルブック: 発達障害者&支援者として伝えたいこと

自分に似ている点が多々あり、子供が大きくなったら読ませたいなぁとおもった本です。対処方法などわかりやすかったです。

⇒ 14歳からの発達障害サバイバルブック: 発達障害者&支援者として伝えたいこと

コメントを残す

*