できなくなったことも成長の証

できなくなったことも成長の証

先日、療育先で子供たちのダンスを見る機会がありました。日頃の成果を親に見てもらおうというイベントです。参加するのは2度目で、とても楽しみにしていました。

知らない多数の人の前に出るということ

前回はとっても上手にダンスをしました。まだまだ「怖い」という感情が強くなかった頃です。今回はどうかな。きちんと踊れるかな?不安な気持ちはありましたが自宅では毎日お風呂で踊って練習していたし、前回の堂々とした様子を見ていたので大丈夫だろうと思っていました。

けれど、始まってみるとうちの子はじーっと立ったまま・・・。微動だにしません。以前、場面緘黙症のことを書きましたがそんな感じでもありません。怖くて怖くて固まっているという感じではなく、「ただ踊りたくない」というようにたまに私の顔を見てニッと笑ったり、いつもとは違うたくさんの大人の前に立ってみんなの顔を見回しているだけです。

踊らないの??とジェスチャーで聞いてみたりもしましたが、「まぁね」というような顔をしていました。なんだったんだろう?これは・・・。泣くとか怖くて固まるとかではなく、ただ踊るのが恥ずかしかったんだろうか?

「どうして?」と聞いてみたい気持ちもありましたが、最近はそういう風に聞いても言いたくない時やうまく言葉が見つからないときは黙って何も言わないので、今回もダンスの時間が終わって膝に走ってやってきた子供に「固まってたねー!」と笑っておきました。

できたことを褒めてあげる

療育先では「どんな時でも、子供ができたことを探して褒めてあげてください」と言われています。今回の場合、うちの子は

  • 泣かずにいられたこと
  • きちんと線に沿って終わるまで立っていられたこと

これができたことだと思いました。「よく頑張ったね!」と、抱きしめました。ダンスが見られなかったのは少しだけ残念でしたが、これも成長したんだと思いました。前回はダンスしながら線を超えてどんどんビデオカメラに迫ってきていたしね。

他のお母さん達もみんな自分のお子さんができたことをきちんと褒めてあげていました。泣いていても、部屋の隅に隠れていても、どんな子でも今回のこのイベントのために一生懸命練習してその場に頑張って立っていたんだから褒める点はあります。上手に踊れる子と比べてしまったら、その時点で自分の子が頑張った姿に気づけなくなってしまいます。発達障害のある子は怒られることが多く自尊心が育まれにくいので、できるだけ本人の「できた」を拾ってあげたいと思います。

自分の気持ちを言葉で伝える

しかし今回はどうして踊りたくなかったのかな。恥ずかしかったのか、怖かったのか・・・。理由は気になりますが、もう少し自分を表現できる言葉が増えた頃に聞いてみようかな。以前は「怖い」とか「恥ずかしい」という感情がうまく育っていなくてダンスも周囲を気にせずにマイペースで踊れたけれど、今回は周りを見ることが少しだけできるようになったということなんでしょうか。

今まではいろんな感情を「怖い!」で表現していたような気がします。何でもイヤなことは「怖い!」といって逃げていたというか・・・。でも、今回の様子を見ていて「怖い」ではない感情が出てきたのを感じました。成長したんだな。

いろんな感情が自分の中に出てくることは普通のこと。そうなったときに黙って固まっていたら伝わらないので、その自分の気持ちをきちんと周囲に言葉で伝えられるように、もっと言葉の世界を広げてあげられたらいいな。そうできるようになれば、困った時に助けてほしいと言えると思うし、まわりに誤解されにくいのではないかと思います。

イベント後の様子

そういえば、イベントの2ヶ月前くらいから子供に変化があったんでした。朝になると「イヤ!(療育に)行きたくない!」とごねて着替えをしたくないと逃げ回り、車に乗るのを拒み、療育先の玄関を見ると後ずさりで逃げる感じでした。駐車場で車から出て玄関に入るまで(だいたい15歩くらいの距離)気持ちを切り替えるのに1時間かかったこともありました。

行きたくない!とばかり言うので私は「お友達とうまくいっていないの?」とか「嫌なことがあるの?」と聞いていたのですが、なかなか答えてもらえずに困っていたのです。ただ「お友達はすき。先生いやなの」と言っていました。そして、ひとりの先生の前に出ると固まって涙目になってしまうようになりました。

やりたい事をさせてもらえなかったとか、何か療育先で気に入らないことがあったんだな。そのときに対応してくださった先生がこの方なんだな。以前書いた記事の中でお父さんが苦手になりつつあるというのがありましたが、こういう子に注意して言い聞かせてできるようにするってとても大変です。療育してくださるスタッフの先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。全身から拒否オーラ出して・・・なんかすみません・・・。

そしてイベントの次の日から、「行きたくない!」はぱったりと無くなり、元気に療育先へ行けるようになりました。たぶん、ダンスの練習が無くなったからだとおもいます。ダンス練習に関係することで例の先生と何かあって(たぶんダンスをちゃんとしよう!と誘われたのが強制されたように感じて絶対しない!と心に誓ったとか。勝手な予想ですけど。)あんなことになっていたんだなぁ。

現在もまだその先生のことは警戒していますが、イベント以前ほどはなくなってきています。わが子ながら頑固な子で申し訳ない・・・。最近は私にも「いーやーだーーー!」と、一度は収まったイヤイヤ期が再発しているので頭を抱えているのです。言葉が発達していけばイヤイヤ期は脱することができるのかな。

早くそのときが来ればいいなと思いつつ、ひらがな・カタカナをたどたどしく読めるようになった子供に、金田一先生監修の「こどもことば絵じてん」をプレゼントしようとネットで見ています。ちゃんと読んでくれるかなー。また届いたら子供の様子を記事にしたいと思います。

コメントを残す

*