お父さん苦手の話

ズボン!と言いながら持ってきた紙切れ

最近、お父さんの仕事が忙しくなってきました。もともと日曜日に会うくらいで、平日は子供が目覚める前に家を出て寝てから帰ってくる日々です。月に5日ほどしか会わないため、以前記事にも書きましたが子供とお父さんは微妙な関係です。

参照記事:お父さんとちーの関係

おとうさんはイヤなの!

「中学生くらいになったら娘はお父さんのこと嫌いって言い出すよ」と子供が生まれたときから言っていましたが、既に「おとうさんはイヤー!おかあさんがいいの!」と言われています。可哀想に・・・。

そんなこと言わないでいいじゃない。お父さん好きでしょう?と諭してもダメ。たまにしか会えないんだから、お父さんとお風呂入ったらいいじゃない。と言ってもダメ。一緒にすることや抱っこなどもお母さんがいい!と言われてしまいます。お母さんとしてはたまにお父さんふぁいる時くらい重たい抱っこは遠慮したいのに。お風呂も週に1回くらいはひとりでゆっくり入りたいのに。

常々「お父さんはおかあさんとちーのためにお仕事頑張ってるんだよ。美味しいごはんが食べられるのはお父さんのおかげなんだよ。」と言って聞かせているのですが、まったく効き目がありません。どうしたらいいのかな。お父さんと子供の関係をなんとかしたいと思うのですが、今月からまた夏前まで忙しさに拍車がかかるんですよね。週イチでもなく月イチくらいの関係になるかもしれません。

見てない間にどんどん大きくなるよ

週に1回しか会えない可哀想なおとうさんのために、毎日お父さんが夕食を食べるあいだ私が本日の子供の様子をお知らせします。「今日はこんなことをしたよ」とか「こんなことを言ってたよ」とか。たとえば、今日は子供が一生懸命ハサミで紙をチョキチョキ切っていたのですが、私のところに小さい紙切れを持ってきて「これ、ズボン!」と言うんです。2×2センチくらいの紙に切れ目が▲に入っていて、ちゃんとズボンの形をしてるんです!!かーわーいーーーい!なにこれ。

こういう感じでいろいろ話をします。お父さんは週イチしか会わないので、子供がすごく成長してるのがわかるそうです。そういえば先月は「不安が強くて固まる」と私も言っていましたが、ここ数週間ですっかり様子が変わって知らない大人に会っても挨拶はまだしないけれど、ニッと笑って怖がる様子はありません。公園では機嫌がいいときはお友達や大人に自分から挨拶しながら寄っていって一緒に遊びたいと意思表示するようになりました。

人見知り時期がもしかすると終わりかけているのかもしれません。成長だなぁ・・・。あと、公園などではお友達と遊びたいと言うようになりました。そうは言っても、まだうまく遊べずにお姉ちゃん達の後ろを真似してついて回るくらいなんですけど。人見知りで固まることが問題だなぁと思っていたのに、もうすぐお友達と上手に遊べるようになるかどうかが心配になるのかしら。コミュニケーション能力とかソーシャルスキルとか言うんですかね。ああいうの、お母さんも苦手なんで教えられないんですけど・・・。

そのうちお父さん大好きになる日も来るんだろうか

人見知りも無理強いしないように気を付けて見守っていたら出なくなってきたし、そのうちお父さん大好きと言いだす日も来るんでしょうか。今も大好きだとは思うんですけどね。できれば早く、仕事から疲れて帰ってきたお父さんに癒しを与えてあげられるようになって欲しいです。久しぶりに起きている時間に帰宅してテンション高めに話しかけるお父さんが拒否されるのを見ていると可哀想なんだもの・・・。

コメントを残す

*