自宅で療育:しゃぼん玉で言語発達を促す!

しゃぼん玉で発語を促す

先日、子供が療育先でしゃぼん玉をした!と楽しそうに話してくれました。最近は自宅ではあまりやっていなかったけれど、発語が遅いのを心配していた頃は自宅でもよくしゃぼん玉遊びをやっていました。

しゃぼん玉は発語に繋がる

しゃぼん玉は息を吸い込んだり吐き出したり、吹く力を加減したりと口のまわりの筋肉をよく使う遊びです。ゆっくりと長く息を吐き出すことは長い文章を話す時に役立ちます。発語はなくても、口のまわりの筋肉を鍛えておけば言葉のバケツが溢れてしゃべりだした時に役立つそうです。

療育先ではよくプログラムに取り入れられているので、気軽にできて楽しく訓練できる方法なんじゃないかと思います。うちの子がしゃぼん玉で遊び始めたのは1歳半くらいの頃でした。療育先に行きはじめたのは2歳前からだったのでその頃にはもう上手にしゃぼん玉が吹けていて先生に褒められたのを覚えています。

「とっても上手にしゃぼん玉が吹けるんですね!おうちでよくされているんですか?」と聞かれました。その頃一緒に療育を受けていた同年代のお友達はまだ吹けなかったようなので「あれっ。年齢的にしゃぼん玉をさせるのはちょっと早かったのかな?」と思ったのですが・・・基本的にはよく気を付けてみていてあげれば大丈夫じゃないかと思います。

しゃぼん玉のはじめかた

遊びはじめた最初は飲み込んでしまうんじゃないかと心配していたので親がたくさん吹いて、それを追いかけて両手で捕まえる遊びからしました。キャーキャーと大騒ぎして庭を飛び回って捕まえていました。

その後すぐ「自分もやりたい」というようなしぐさをするようになったので、すぐには吹かせずに「こういう風に吹くんだよ」と息を吹き出す練習をしました。二人で並んで「(息を吸って~)フーーー!」と胸いっぱいに息を吸い込んでからほっぺたを膨らませて最後まで息を吹き出します。

上手にできるようになったら、親がしゃぼん玉のストローを持って息を吸わせてから口元に持って行き、フーーーーッと吹かせます。最初から自分で持って吹くと息を吸い込む時もストローで吸い込んでしまいかねません。そうすると飲んじゃいますからね・・・。

息を吸い終わってから口元にストローを持って行く、息を吐き終わったら口元から離す・・・というのを覚えてしまえばそんなに飲んでしまうようなことにはならないと思います。(でもやっぱり飲み込みが心配なので、しゃぼん玉をする時はしっかり横について見守るようにしていました)

飲み込みは無かったけれど、うちの子がいつもやってしまっていた失敗はボトルをこぼすこと。上手に吹けるようになるとボトルも自分で持ちたがります。最初はボトルを持っていてもフーッと上手に吹いているのですが、夢中になってくるとどんどん液のボトルが斜めになっていき、最後にはジャーッとこぼしてしまっていました。

入っている液体は斜めにしたりひっくり返すとこぼれるんだよということを何度も伝えて、斜めになりだしたら気を付けてと注意します。でも、やっぱりジャーッとなってしまうので、こぼしても被害が最小限になるようにいつも小さいボトルに少しだけ液を入れて手渡していました。

しゃぼん玉遊び あれこれ

私が小さい頃は自分でしゃぼん玉液を作ってストローの先をハサミで開いて自作していましたが、最近は100円ショップにもいろいろ売っていて恵まれてるなぁ~と思います。手で持って大きなしゃぼん玉を作るやつとか、ボタンを押すだけで出てくるやつとか・・・。

いろいろ遊んでみましたが、結局やっぱり昔ながらの普通に吹くやつが訓練にもなるし長く楽しめるような気がします。手の動きで作るやつも楽しいけれど口元の筋肉は鍛えてくれないもんね。ふたつくっつけて雪だるまにしたり、大きなしゃぼん玉の中に小さいしゃぼん玉をたくさん吹き入れたり。あっという間に上手にできるようになります。

そうやって療育先へ通い始めるまでは親子でのんびりと楽しんでいたしゃぼん玉ですが、療育先でお友達たくさんとやるしゃぼん玉はすごくすごく楽しいようで子供は今でもしゃぼん玉の日が大好きです。お友達と一緒にしゃぼん玉を追いかけるのが楽しいんだろうなぁ。

最近は療育先では色をつけたしゃぼん液で行うバブルアートも行っています。しゃぼん液に水彩絵の具で色をつけて紙に向かって吹きます。紙の上にしゃぼん玉が落ちると綺麗な輪ができて素敵なんです。

晴れた日はもちろん、雨の日は窓から飛ばしたり。ご近所のお洗濯物のほうへ行かないように気を付けながら気軽にできる療育「しゃぼん玉」。発語を促したいお子さんや口腔機能を強化したいお子さんにおすすめです。

コメントを残す

*