慣れてきた:子供が「幼稚園すき」と言う様になってきました

子供がお手紙もらってきた

先日、「頑張ってる:疲れがピークに・・・入園直後から子供の癇癪がひどいです。」という記事を書きましたが、先週は1週間しっかり行くことができて幼稚園にも多少慣れてきました。癇癪もレベル6まで落ちた。良かった~。

子供が幼稚園に慣れてきた

今まではお迎えに行くとぐったりした顔をしていましたが、だいぶ慣れてきています。疲れてはいるけれど、帰ってくると貪るように眠っていた頃とは全然違うようです。

お昼寝無しで夜まで大丈夫になったし、癇癪が収まってきて扱いやすくなったので親としてはイライラせずに済んですごく嬉しい。最近はにこにこ笑ってその日あった出来事をおしゃべりしてくれる余裕も出てきました。

「今日は滑り台を滑ったよ」とか「お絵かきをした」とか「給食が唐揚げで美味しかった。大きいの。1個だった。」とか。お友達の名前も出てくるようになり「〇〇ちゃん、お誕生日だった」とか「〇〇くんのマーク(園では自分のマークが決まっている)はライオン!」とか。

慣れない場所でよくわからない事がたくさんあって不安いっぱいだった頃には聞けなかった幼稚園での生活を、子供の言葉を通して少しですが知ることができて聞いていてとても楽しいです。

大きな音と不意打ちは苦手

幼稚園での生活の中で困ったことはないか聞いてみると「みんなで滑り台で遊んでいるときね、雨が降ってきて・・・みんなお部屋に戻ってくださーいって大きい声がしたの。びっくりして怖かった」と言っていました。ふむふむ。大きい声っていうのは園内放送か・・・。

「あと、お誕生日会。お誕生日会こわい。」・・・。なんだろ。お誕生会が怖いなんて初めて聞いたけれど、クラッカーでも鳴らしたんだろうか。園内放送が怖いというのは理解できました。今まで通っていた療育先では園内放送を行うほど広くなかったので、近くで聞いたのは初めてだったんだろうな。

とにかく急に起こるアクシデントとか大きな音が苦手ですが、「鳴るかも」と前もって解っていれば大丈夫なようです。園内放送が怖いと聞いてから1週間経った頃に「まだ園庭で遊んでいる時に大きな声がするの、怖い?」と聞いてみると、「ううん。怖くない」とにこにこしていました。

教室内での様子はこんな感じ

教室内ではあまりおしゃべりもせずにじーっとまわりの様子を伺うタイプの大人しい子だとは思いますが、お友達と一緒に遊ぶことも増えてきているようです。入園して2週間経った頃(風邪から復帰後1週間の頃)先生が「今日初めて教室内で声を出しておしゃべりしてるの聞きましたー!」と言っていました。それまで喋っていなかったのか・・・。想定内だけど。

その後はもじもじしてはいるけど、少しずつおしゃべりしているようです。昨日はお友達からお手紙ももらってきていたので、なんとか交友関係を広めている様子。ってか、お手紙!もうお友達にお手紙書くような年齢なのか!!と、お友達の大人っぷり(?)にびっくりしました。

お手紙をもらったということはお手紙のお返事を書くように促したほうがいいのかな・・・。うちの子はたまに「おじいちゃんにお手紙書いてあげよう」とか私が促したときに似顔絵と自分の名前を書くくらいのレベルなんですけど。

幼稚園という子供にとって初めての集団生活を通して、少しずつ子供の世界が広がってきているのが解ってとても嬉しいです。良い刺激になるといいなと思います。

コメントを残す

*