図鑑興味ない:動物図鑑の新しい使い方を模索する日々

ライオンは目つきの悪さがいい感じ

3歳の誕生日プレゼントのひとつとして買った図鑑(動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE))。物語型の子供にはまったく魅力を感じられないものらしく、一度手に取っただけで放置されていました。せっかくだからもっと開いて欲しいなぁ・・・と、使い方を変えてみることにしました。

写真集として見る

購入した講談社の動く図鑑MOVEは大迫力の写真が目をひく図鑑です。大きな写真で生き生きとした表情が魅力。本屋さんで他の図鑑もいろいろ見たけれど、これまでの図鑑(正面からの写真が並んでる感じ)とは全然違って、すごいなぁ!と思いました。

図鑑として興味が無いなら写真集として見たらどうかね?と、子供に開いて見せてみます。うーん。やっぱり興味無さそうにどこかへ行ってしまいました。挙句の果てには「はい!(お人形を手渡されて)これは閉じて!」だそうです。ダメです。細かく見てみるとこんなに面白いのにな・・・。

最近好きな文字を読んでみる

最近ひらがな・カタカナが詠めるようになったので、ひとりで絵本を読んでいたり私の文庫本を開いていたり。文字を読んで「ここに おめでとう って書いてあるー!」と教えてくれたりします。大人の本が読めることが嬉しいらしいです。
↓ 先日開いていたのはこちら。

大人の本の読める部分だけを読んで、意味がわかる言葉を探しているようです。以前こういうのがあると便利かもな・・・という理由だけで購入したこども ことば絵じてん 増補新装版 小型版はたまに開いて読んでいるのを見るので、この方法は成功するかも!

ウキウキしながら「これなんて書いてある?」と文字を指さして聞いてみると・・・「・・・ラ・・・イ・・・オ・・・ン!」と読んでくれました。・・・しかし、自分からは読もうとはしてくれません。聞けば答えるけれど、やっぱり自分で開いて読みたくなるほどではない模様。なぜだ。文字ばかりで挿絵も何もない文庫本をあんなにパラパラめくっているのに、なぜ図鑑はダメなんだ。

絵を書く材料として使う

こうなったら何でもいいや・・・と、ふたりでお絵かきをしているときに「ライオンの絵を書いてくださーい!ライオンってどんな顔してるか知ってる?鼻はさんかくだねー。たてがみに隠れているけど耳があるね。」と、図鑑を開いて絵を書くようにしてみました。

結果、子供は「ふんふん!」と写真を見ながら絵を書くように!おぉ!なんかいい感じだ。しかも絵が格段に上手になってきます。「キリンの首の後ろ側に毛が生えてるね」と言うと、「ほぅほぅ!」と納得したように絵に書き足していきます。

すごい!今までなんの絵かちょっと分かり兼ねる感じでしたが、図鑑を見ながら書いた絵は誰が見てもライオンだしキリンになっていました。これ、使えるんじゃない?本当なら動物園で写生をすればいいのだけれど、じっとしてない動物を書けるほどはまだ柔軟ではなさそう(「動かないでー!」と動物に向かって叫ぶ姿が目に浮かぶ)なので、これでいいのかもしれません。

まったく開かれずに可哀想な図鑑でしたが、これからはお絵かきの時間に図鑑を使っていきたいと思います。そうなると植物や昆虫の図鑑も買ってもいいかなー。また次の機会に考えてみよう。

コメントを残す

*