親にとっての完全母子分離型療育

絵の具遊び

うちは2歳前から完全母子分離型の療育に通っています。午前中から給食までの半日ですが、とても楽しそうに通っています。先日、引っ越しで退所されるお子さんのお母さまがご挨拶したときの言葉がとても胸に響きました。

親にとっての完全母子分離型の療育

あのまま自宅でひとりで育てていたら、子供ももっと困っていただろうし、母親である私がダメになっていたと思う。療育をしていただいている間、私に自由な時間をくださってありがとうございました。

ざっくりとですがこんな感じだったと思います。療育に通って様々なことができるようになって、子供が成長したことへの感謝の言葉の後に、最後に言われた上の言葉。確かに、私もそう思ってるなぁ。

別に預けている間のんびりしている訳ではないのですが、療育に行く以前の私の悩みといえば

  • スーパーに買い物に行かせてもらえない(人が多いのを怖がって入口で抵抗される)
  • 同じ理由で銀行や役所等の手続き関係に行けない
  • 自分の病院、美容院なども行けない
  • 他人と触れ合わせなければという義務感で行く児童館や読み聞かせ教室で周囲に謝りっぱなし
  • 言葉があまり通じない子供とふたりきりで24時間べったり離れられない

と言う感じでした。かなりストレスが溜まった状態だったのですが、子供が療育に参加している3時間のあいだに初めて一人でお買い物に行けたときは感動しました。あぁ、抱っこ(唯一安心できるのでスーパー内ではカートに乗らず常時抱っこでした)せずにお買い物をするってこんなに身軽だったのかと思いました。

ひとりっ子だから母親以外の人と触れ合わせなければと毎日どこかへ連れ出していたのですが、療育で先生やお友達と遊んでくるので、私は午後から近所の公園へ行くくらいで良しとしました。これも重荷がとれてホッとしました。自宅では毎日ふたりっきりで遊んでと追い回されていたので、ひとりで無心に掃除できることも嬉しかったです。数年ぶりに歯科に行ったり眼科に行ったり、風邪のときに病院に行くこともできました。

普通のことなんですけどね・・・。いたって普通の事なんですけど、できて嬉しかったです。ひとりで家事や用事を済ませることができるようになって、昼過ぎにお迎えに行く時は心の余裕ができて子供にイライラすることも減りました。本当に有難かったです。

療育は母親も支援する場所

そんなの普通の子育てでも一緒だよと言われるかもしれませんが・・・。そして、そう言われてしまうと「やっぱり私の子育てが悪いのか」とネガティブになったりもしますが。発達障害児の母親はウツになる割合がかなり高いそうです。それぞれ症状が違うので一概には言えませんが、なかなか子供と言葉での意思疎通ができない場合やADHDで片時も目が離せないようなお子さんの場合、それは健常児の子育てと比べられないほど辛いはずです。

でも、発達障害などまだメジャーではなかった古い世代の親やまわりにそういう子がいない理解のない人などは簡単に「育て方が悪い」とか「母親のしつけの問題だ」とか「そんなところへ行かせてかわいそう」とかいろいろ言ってきますよね。知らない人ほど親切心?で。

療育に通うときに私も「療育をすることが子供のためになるというのは否定しないけど、まだ診断もされていない子を療育にやっていいのか。もっと困っている人のためのものなんじゃないか?」と悩みました。できれば何事もなく大きくなって欲しいと思うのが親心。気になる点は多々あるけれど、正常範囲内かもしれないし。私達が支援されていいのかな・・・と。

療育の形態についても、完全母子分離、親は別室で待機する母子分離、母子同伴など、療育もいろいろあるそうです。私も通う前は小さい子を母子分離の療育に行かせるのは可哀想と思っていて、通える範囲の施設をいろいろ見学に行きました。いろいろ考えて最終的に今の場所にお願いすることになったのですが、私と子供にとってはこれで良かったのだと思っています。

困っている状態なら支援を受けてもいいのでは?

地域によって支援も様々なので受けられない方もいるかもしれませんが、支援を受けられる地域にお住まいで現在困っている状態なら、自分が壊れてしまう前にどこかに助けを求めてもいいのではないかと思います。人の目とか周りの反応とか、気にせずにしっかり支援を受けて、子供も母親も笑っていられるのが一番です。

今日は子供と絵の具遊びをしました。いない間に家事が終わっているからのんびり子供に付き合うことができます。本当に感謝しています。

コメントを残す

*