2歳

気になる特徴

気になる特徴:挨拶が苦手(挨拶したくない?恥ずかしい?必要性を感じない?)

子供が挨拶苦手でなかなかできなかったので、おやつを食べながら軽く理由を聞いてみたら「恥ずかしかった」と判明しました。挨拶する必要性は理解しているようです。良かった!
日々のこと

ウチの子(2歳児)の場合:泣かずにできる気持ちの切り替えの方法

子供は次の予定にうつる場合などに「気持ちの切り替え」ができず泣いて嫌がることが多いです。子供への伝え方に気を付けるだけで結構泣かずにスムーズに誘導できるので、うちで使っている気持ちの切り替え方法をご紹介します。
療育

自宅で療育:お料理のお手伝いで自己肯定感アップ!

子供にお料理のお手伝いをしてもらうことで、自己肯定感を育てることができます。親としては忙しいときに・・・と思いますが、お手伝いのさせ方や声掛け次第で自己肯定感を育てることもバキッと砕くこともできるので気を付けましょう。
気になる特徴

気になる特徴:筆圧が弱いので持ち方の練習中です

子供の筆圧が弱くてえんぴつの持ち方がおかしいので、なんとか修正すべく練習中です。指先の訓練のためにできることや書く姿勢などについてもご紹介します。
日々のこと

ブランケット症候群(安心毛布、ライナス症候群)はいつまで?

子供が毛布を手放せずに心配していましたが、先生のお話を聞いてまったく心配いらない事なんだと気付かされました。よかった。
日々のこと

気になる特徴:とにかく不安が強くて「初めて」に弱い

不安が強くて初めての乗り物(自宅の車以外の全て)に乗れない子供が克服して乗れるようになったお話をご紹介します。コツは成功体験を積み重ねて大丈夫という気持ちを持てるようにすること。
療育

自宅で療育:タングラムで空間認知能力を強化する

空間認知能力を強化しながら遊べるタングラムは小さいお子さんにおすすめ!小学生くらいになるとよく算数パズルで出てくるし、小さい頃からやっていると頭が柔らかく発想力もついて得意になりますよ。
日々のこと

トイトレ:トイレに行っても出ないので、おまる導入!

いろいろなトイレトレーニングを試してみましたが、まったく効果がなかったのでしぶしぶ昔ながらのおまるを導入してみた時の話です。うちが試したトイトレと結局どんな方法でトイトレを終了したかをご紹介します。
助けられた本

レビュー:0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児

0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児を読んで、子供に語りかけ育児を実践しています。 内容を読むと私がいかに間違った語りかけをしていたか気付きました。読んでよかった。
療育

自宅で療育:100均のプラチェーンを繋げて指先のトレーニングをしよう!

100円ショップで手軽に手に入るプラチェーンを利用して療育になりそうな遊びをご紹介します。指先の訓練から色や図形、数字を覚えたり、集中力まで養えるのでぜひおすすめです。