5歳

療育

ピアノを習って自信と努力の仕方を学ぼう【発達障害のある子の習い事】

最近子供がピアノを習い始めました。親以外の大人に褒められる経験と、舞台に立って発表する経験をして欲しいと思っています。ピアノを習うメリットをまとめてみました。
日々のこと

カウンセリング:うちの子は自閉症スペクトラムの受動型(たぶん)

発達検査の前のカウンセリングを受けたら典型的な「自閉症スペクトラム」の行動ねという風に先生から言われました。検査するまでもないのかもしれません…。
気になる特徴

困りごとのトリセツを読んで、自分が何に困っているのか&対処法を知る

発達障害の人は自分が何に困っているのか、自分でもよくわからないことが多いです。NHKのサイト内にある「困りごとのトリセツ」を読んで、自分が何に困っているのか&対処法を知ることで対策するのが楽になりますよ。
日々のこと

見えない友達:子供にイマジナリーフレンドが現れた!

子供にイマジナリーフレンドができたようで、どう対応したらいいのかドキドキしています。結構あることなのかな。まじめな顔で言い出すのでぎょっとする。
気になる特徴

不安が止まらない:子供が突拍子もない不安を抱いててびっくりする

子供が突拍子もない不安を日々口にするので、不安障害なんじゃないかとドキドキしています。できるだけ不安に思わずに過ごして欲しいと思うけれど、不安になるなというのは無理だと解ってるので少しでも和らげてあげたいです。
日々のこと

就学相談準備:発達検査のカウンセリング予約をしました

年長になる前の就学相談準備として、発達検査のカウンセリング予約をしました。発達検査は病院にもよると思いますが半年待ちくらいなので早めに行動がオススメらしいです。
日々のこと

旅行前に最適:絵本で日本地図を覚えて旅行を楽しもう!

帰省前に子供と一緒に絵本で日本地図を覚えました。前から世界地図を見て遊んでいましたが、日本地図を覚えて実際に移動してみることで世界の大きさがわかってくるのでおすすめです。
日々のこと

他人の子にはどうしても「大丈夫よ~」と言ってしまう問題

自分の子ならいろいろ言えるけど、人様の子に対して「ちょっと…」とは言いにくいものです。発達関係で誰かに相談して「大丈夫よ~」と言われても、やっぱり安心してはいけないのではないかと思います。発達に関して言うなら、気になる場合は即行動。
日々のこと

視覚優位な発達障害児がアプリを楽しむために気を付けたいこと(うちの場合)

視覚優位な発達障害児はスマホやテレビ、インターネットなどの刺激が大好きです。なのでたくさんやりたがるし、途中でやめることが難しいのです。うちの場合のルールをご紹介します。
気になる特徴

他人との境界線:絵本の中の事を恐れたり、友達が叱られるのを恐れる。

子供が怒られるのが苦手なのは「他人との境界線が曖昧」というのが原因だと気付きました。 私もこの「他人との境界線が曖昧」というところがあって、うちの母もそうだなと思います。 全体的に人間関係のほとんどはこれが問題なのかも。