助けられた本

スポンサーリンク
助けられた本

レビュー:「気づけない毒親」を読んで、毒親も毒親育ちだったと知る

毒親育ちが自己肯定感を上げるためには、自分の育ってきた状況を客観的に見つめる必要があると思う。そして、「自分が悪いわけではなかった」ということに気付くことが大事。うちの場合は毒親も毒親育ちだった。そのせいで、毒親的な子育てをしてしまったということ。「気づけない毒親」おすすめです。
助けられた本

レビュー:「気づけない毒親」を読んだら不安の正体はこれもあるなぁと思った

発達障害だと思って対応してきましたが、自分のために「気づけない毒親」という本を読んだら、もしかすると子供の症状は愛着障害かもしれないと思い始めました。発達障害と愛着障害は専門家でも判断が難しいようです。
助けられた本

レビュー:久しぶりに発達障害関連の本を2冊読みました。

発達障害関連の新しめの本を2冊読んでみて、全部を発達ビジネスとして切り捨てるのはどうかなぁ…と感じました。何かしら取り入れられる部分もありそうな気がします。怪しいものもあるのは確かだけれど。
助けられた本

綺麗な字の練習(2):「なぞらずにうまくなるひらがな練習帳」で文字の形を意識する

子供の読みやすい字のための練習。「なぞらずにうまくなるひらがな練習帳」で、子供にもわかりやすく文字の形を覚えてもらいました。子供の練習は無理強いしないのがコツかも。
助けられた本

レビュー:私はかんもくガール

この本を初めて読んだのは子供の発達に問題があるかも?と思い始めた頃でした。 まだ場面緘黙症について知らない頃で子供も緊張で固まる症状が出る前。 1度目に読んだ時の感想 今回レビューするのは「私はかんもくガール: しゃべりたいの...
助けられた本

レビュー:発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

「発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ」を読んで気付いたことを書いています。もっと早く買えばよかったなと思っているので、気になっている人は子供が小さいうちに読んでみてください。
助けられた本

レビュー:子育てハッピーアドバイス

この本を手にとったのは子供が1歳になる頃です。なんだかその頃は慣れない子育てに疲れ切っていたような記憶があります。 図書館で手に取った本 今日のレビューは「子育てハッピーアドバイス」です。 この本は初めての事ばかりの育児で...
助けられた本

レビュー:0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児

0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児を読んで、子供に語りかけ育児を実践しています。 内容を読むと私がいかに間違った語りかけをしていたか気付きました。読んでよかった。
助けられた本

子育てのときに助けられた本リスト

私が子育てに困ったとき、不安になったときに読んで助けられた本をご紹介します。なかなか読む時間が持てない時期もあったし、文面が苦手だったり難しい表現をしている本は目がすべる(読んでも内容が入ってこない)タイプなので、他の人にも助けになるかはわ...
スポンサーリンク