助けられた本

助けられた本

レビュー:私はかんもくガール

この本を初めて読んだのは子供の発達に問題があるかも?と思い始めた頃でした。まだ場面緘黙症について知らない頃で子供も緊張で固まる症状が出る前。 1度目に読んだ時の感想 その頃はまだ子供は人見知りが出る前。おおらかな落ち着きのない子という印...
助けられた本

レビュー:発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

この本を最初に読んだのは2歳前でしょうか。子供がなかなか言葉が出ずに療育に通うことになった頃だったと思います。 発語がないお子さんから問題行動のあるお子さんまで 通い始めた療育は母子分離型だったので、子供を預けた後に図書館で何冊も発達障...
助けられた本

レビュー:子育てハッピーアドバイス

この本を手にとったのは子供が1歳になる頃です。なんだかその頃は慣れない子育てに疲れ切っていたような記憶があります。 図書館で手に取った本 子供が1歳になりよちよちと歩き始めて目が離せなくなった事、夜の寝かしつけがうまくいかなくて寝不足だ...
助けられた本

レビュー:0-4歳わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児

うちの子は0歳代はキャッキャと笑わない子でした。何が決め手でこの本を買ったのかは今となっては思い出せないのですが、初めての子育てで不安だったこともあり、「語りかけ」がなんか良いらしい・・・というぼんやりとした考えだけで購入したような気がしま...
助けられた本

子育てのときに助けられた本リスト

私が子育てに困ったとき、不安になったときに読んで助けられた本をご紹介します。なかなか読む時間が持てない時期もあったし、文面が苦手だったり難しい表現をしている本は目がすべる(読んでも内容が入ってこない)タイプなので、他の人にも助けになるかはわ...
スポンサーリンク