気になる特徴:自己と他者の境界が曖昧で主語が抜けた話し方をしてしまう。

え?なんの話をしているの?

緊張する場面ではまったく喋らないうちの子ですが、自宅で私といる時やリラックスしている時は比較的よく喋ります。しかし、最近気になる点が・・・。

主語がないのでうまく相手に伝わらない

先日、キッチンで料理をしているとリビングにいた子供が走ってきて「おかあさん!すごい大きかったね~」と言われました。え?なにが?話がよくわからなかったので「なに?何が大きかったの?」と聞いてみると、「キリン」だそうです。・・・。それ、テレビ見てないお母さんには伝わらないよ。話をするときの主語がすっぽりと抜けているのです。他にも

子 「あれが無い。どこ?」
私 「あれってなに?」
子 「無い!無い!無い!どこ~?」
私 「だからあれってなに?(ちょっとイラッ)」
子 「無い~!探して~!探してよ~!!(怒り出す)」
私 「あれって言われても解らないよ。わからないのに探せないよ。」
子 「無い~!うわーん(聞いてない)」

わりと落ち着いているときだと、「何が無いの?どんなもの?」と根気強く聞けば「タオル」とか言うのですが、子供本人に余裕がなくてイライラしているとか怒っていると「何が?」という問いが耳に入ってこないので説明することもできず、手詰まりです。

そういうとき、子供は相手が「同じテレビを見ている状況」「毛布が無いと知っている状況」だと思っているようです。自分の知っていることは相手も知っているし、自分と同じことを考えていると思っています。これはアスペルガーの人がよく持つ特徴で「自己と他者の境界が曖昧」というもの。

自分と相手が同じものを見ている・体験していると考えているので、話す時に端折ってしまいます。相手からすると話が通じなくてイラッとしてしまうのは当たり前ですよね。

伝わらないのが当たり前と気付くこと

一番大事なのは、人と自分との間では伝わらないのが当たり前だと理解することです。他人と自分は違うから、わかっている前提で話をしたら伝わらないのが当たり前なんです。そこをすっ飛ばしてしまうと意味がありませんからねぇ。

この特徴はお父さんにもあるのですが、わかりやすい部分で言うと「自分がお腹いっぱいのときは相手もそうだと思っている」ようです。私が何も食べていない状況でもそう思っていて、私がお腹空いた・・・と何か食べようとすると「まだ食べるの?よく食べるなー」と言ってきたりします。いや、あなたはお腹いっぱいだと思うけれど私は何も食べていないのよ。と言うと、たいそう驚くのです。

これは昔からで、私はお腹がすくと機嫌が悪くなるタイプなのでしょっちゅう喧嘩してたなぁ。だってごはん前にお菓子をたくさん食べて「お腹ぜんぜん空いてないから夜ご飯は予定を変更して軽いものでいいよね」と言ったりするのです。私は腹ペコなんだよ。夜ごはんに○○にご飯食べに連れて行ってくれるって言うからおやつも我慢してたんだよ。楽しみにしてたのにー!・・・。あぁ、思い出したら怒りが収まりません。

「見たこと・聞いたこと」くらいならまだいいのですが、腹具合って・・・。どこまで境界線が曖昧なんだって話ですよ。他人と自分は違う人間で違う方向を見ていて違う考えをするものなんです。

基本の5W2Hを考えながら話す

基本の5W2Hというのは

  • 誰が(Who)
  • 何を(What)
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • どんな目的で(Why)
  • どのように(How)

のこと。これを考えながら文章を組み立てる練習をすれば、わかりやすい文章を作ることができるようになります。まぁ、5W2Hを全部考えてから話を始めるのは難しいなぁと思う場合は、とりあえず話始める前に「誰が」を考えながらつけるだけでとりあえず主語がない!と怒られることは避けられるとおもいます。

全部考えていたらうまくしゃべれなくなりそうなので、とりあえず子供には「話しかける前にまず「誰が」というのを入れてから話すと伝わりやすいよ」と伝えたりしています。

細かく説明しようとしない

私はよくこのパターンに陥るのですが・・・相手に伝わるように話したいという気持ちはあって、必要以上に細かな説明や前置きをつけすぎて聞いてる人は意味がわからないというもの。正確に伝えたいと思うあまり、いらない情報がたくさん詰まっているんです。

「今日何したの?」と聞かれて「朝起きて・・・」と一日の流れで説明してしまうとか。いや、相手が聞いているのは「映画を見に行ったよ」とか「寝て過ごした」とか、そういう答えなんです。一日の流れとかいらないんです。でも、「朝早く目が覚めたから午前中に用事を済ませて午後から映画を見に行ったよ」といいたいがために朝早く起きたところから細かく説明し出すんです。

本人にとっては「朝早く起きることができたから」という部分が大事だったりするんですけど、質問したほうはそんなのいらなくて「映画見たよー」という答えが欲しいんです。とりあえず、「映画見たよー」という簡潔な答えを返しておきましょう。後で会話の流れの中で「朝いつもより早く目が覚めちゃってね」と補足しとけばいいんです。

 

うーん。子供の主語が抜けてる話からお父さんの腹具合の話になって最後は自分の話し方の話で終わってしまいました。話があちこち飛んで読んでいる人も読みづらいだろうなぁ・・・と思いながらブログを書いています。すみません。

とりあえず、子供は自分で気付いて主語を入れられるようになるまで、毎回「誰が?が抜けてるよ」とツッコんでいこうと思います。あと、やっぱり本をたくさん読んで基本的な文章力をつけてあげるのが良いそうです。読書はやっぱり大事だなぁ。

コメントを残す

*