祖母の毒が子供に・・・。この短時間でヤメテ!と思った話

汚れたから捨てちゃえー!

先日、実家に遊びに行った際に子供が「ばぁば、お雛様飾ったから見に来てね!」と言ったようです。そんな事言うかなぁ?びっくり。

両親(祖父母)が遊びに来ました

本当はうちの親が「見に行きたいなぁ!」とか言ってその言葉を引き出したんではなかろうか。子供自らそんな事を言うような感じではないので、そう思いましたが「じぃじとばぁばが遊びに来るよ」と伝えると子供はとっても楽しみにしていたのでまぁ、いいか・・・と思っていたのでした。

楽しく一日を過ごし、私もちょっと子供を遊んでもらえたので別室でのんびりお茶を飲むことができて楽しかったのです。療育には通っているもののほとんどの時間を親である私と過ごすので、たまにこういう風に違う人に遊んでもらえると刺激になっていいなぁと思います。同じおもちゃで遊ぶにしても全然遊び方が違うもんね。

別室でボールを投げてキャーキャーと大騒ぎするのを聞きながら楽しそうで良かったなぁと思ったり、子供と遊びながらも私に向かってご近所や知り合いの下世話な話をする母に「変わらないなぁ」と思ったりした一日でした。(近所の同級生の出生の秘密とか私にこっそり教えなくていいから!次会った時に微妙な顔しそうだから!)

帰ってからぎょっとする

両親が帰り、子供とふたりでのんびりしていた時のことでした。子供が大好きな毛布をくるりと丸めたものを「これ、汚れちゃったから捨てちゃえー!」といって私のほうに放り投げてきました。正直、ぎょっとしました。

「いやいや。汚れたからって捨てないよ。毛布投げたらかわいそうだし、大事にしてたものでしょう?」と言うと「ばぁばはそう言ってたよ?」と子供は不思議顔・・・。昼間に子供と母(祖母)が別室でキャーキャーとボール投げをしていたと思っていたのは、本当はこのボール状に丸めた毛布を「捨てちゃえー!」と言いながら投げつけ合っていたのでした。なんてこと!

別に毛布を丸めて投げ合いっこしてもいいよ。でもその「捨てちゃえー!」っていうの、必要?汚れたから捨てちゃえーっていう思考、ひどくない?捨てちゃえーっていいながら相手に投げつけるってどういうこと?なんかもう無邪気な子供の口から「これ捨てちゃえー!」って、正直衝撃なんですけど。

子供に「これ投げ合いっこしてもいいけど、捨てちゃえーっていう言葉はあんまり良くないからやめようね」と伝えたところ「え?でもばぁばはそう言ってたよ?」と納得がいかない顔でした。子供にとってはただ投げる合図のようなものなんでしょう。うん。そうなんだけどね。ばぁばは口が悪いんだよ・・・。

お友達と遊ぶときにそんな言葉を使って欲しくないし、汚れたから捨てちゃえー!と投げ捨てる行為がもうお母さんには理解不能なんだよ。私は物を大事に扱って欲しいんだよ。ボールを投げるのはいいけれどぬいぐるみやお人形さんの頭をつかんで投げるのとかはかわいそうだから反対なんだよ。

やっぱり母はナチュラルに毒を振りまくなぁ

母がどんな考えでそういう遊びをしたのかはわかりません。子供が手放せない大好きな毛布をずっと「また毛布持ってる」と揶揄していたので、定期的に洗ってはいるけれどちょっと汚れてくったりした毛布を見て手放すことができるようにそういう行動をさせたのかもしれません。・・・まぁ、無いと思うけど。

でも毛布を手放すときは「もういらなーい!」と投げ捨てるのではなくて「今までありがとう」という気持ちを込めて手放して欲しいのです。昔からこういう言葉のチョイスが母とは全然合わなくて、よく「そういう風に言うのやめて」という事が多かったのですが、母からは「そんな風にとるなんて神経質ねぇ。そんなつもりで言ったんじゃないのに。あーこわいこわい」という感じ。

子供に対する言動で「そういう事を子供に言うの、やめて」と言うと上記のセリフに「お母さんに怒られちゃった!こわいお母さんねぇ」というセリフが追加されます。もう、ほんとに嫌だ。母が悪気があってそういうことをしているのではなくて、本当にただ単に口が悪いだけだというのは理解しているのですが、なんか子供が影響されるのが本当に嫌です。

子供の扱いがうまくて楽しませるので子供はばぁばのことがとても大好きです。それはわかります。子供もまだ言葉の意味を理解せずに真似をしていることもわかります。でも、なんか気になってしまう。それは私が「言葉をそのままの意味で受け取りすぎている」からなんだろうか?

「あなたは橋の下で拾ってきたの」とか「本当はうちの子じゃないのよ」とか「言う事きけないなら出ていけ」とか、しょっちゅう軽い気持ちで言われながら育ってきて、そのたびに胸が苦しくなっていた子供の頃を思い出します。ディスるのが日常会話にちりばめられすぎていて、こういうのが普通なんだと何でもない風を装いながら大きくなってきましたが、やっぱり嫌でした。

子供が自分と同じように言葉に必要以上に傷つくタイプかどうか・・・今の段階では何とも言えないけれど、似てるような気がするのであまり毒には当てたくないなぁ。母は孫溺愛なのにやっぱり言葉はどうにもならないようです。悪気ないから会わせないという選択肢は取りませんが、会わせた後にギョッとすることが多いので訂正必須。

しれっと寡黙な父も毒舌なので、やっぱり土地柄ってあるのかなぁ・・・。もともと口の悪い地域だとは思っていたけれど、こんな風に強く思う様になったのはやっぱり家を出てからです。仕方ないのかなと感じるばかりです。

コメントを残す

*