トイレトレ:うんちは成功!・・・でも、おしっこができません

トイレができたらシールを貼ります

先日、満を持しておまるを導入したトイレトレーニング。現在はうんちは2日連続で成功!でも、おしっこができない状態です。

うんち成功の様子

おまる導入後も喜んで座るものの、なかなか出せず。お誘いしても座るのは自分の気が乗るときだけで「イヤ!」と拒否されておりました。「あぁ・・・これも失敗か」と思い始めていたのですが、先日もじもじしてまさにウンチこれから頑張ります!という顔をしていたのでお誘いすると、意外にも素直におまるに座りました。

おぉ!これは期待できるかも!と思っていたら難産だったらしくウンウン言っています。「もう出ない!いい!」と立ち上がるのをなだめて「もうちょっと座って頑張ってみよう」と背中をさすってあげたら・・・出ました!やったー!

自分でもびっくりして「おぉぉ!出た!どんくりみたい!!」と大騒ぎ。・・・どんぐり・・・。食事中の方は想像させてしまい申し訳ありません。しっかりおまるでできたことを褒めて、できたご褒美にシールを貼りました。(トークンシステムです)

うちの子の場合は「もういい!」と途中で諦めて、おむつを履いた数分後にしてしまうことが多かったので、もう出ないと言われても諦めずにもう少し座らせておくことで成功できたみたい。次の日も同じように成功。声掛けが必要ですが、なんだかウンチはもう大丈夫な気がします。

おしっこは出ない

うんちは予兆があるので見逃さずにいれば声掛けできるのですが、おしっこって子供本人も出てから「あれ?出ちゃった!」というような顔をする程度なのでなかなかお誘いのタイミングがとれません。出るか出ないかわからないので、「もうちょっと頑張ろう」と親が説得して粘るのもいつまで頑張ればいいのか・・・。

せっかくおしっこが出たことを視覚的に理解できるようにおまるに変更したのに、なかなかうまくいかないものですね。2時間ごとに誘ってみるというのもやってみたのですが、遊んでいる途中で頻繁に「おしっこしてみよ」と誘うと面倒になったのか「イヤ!」と拒否されるようになりました。

これは無理矢理パンツにしてみるか。

去年のトイレトレの際に買っていたトレーニングパンツがたくさんあるので、もうこれは無理矢理パンツにしてみよう。そう思って履かせてみました。・・・あ。もうサイズアウト間近だよ。ちょっと太もも部分がきつそうですが、まだ履けないことはありません。子供もかわいいトレーニングパンツにご機嫌です。

よしよし。このまま、ジャーッとしてしまって、気持ち悪さを知っておまるでするようになる・・・と。思っていたのですが、目論見どおりのジャーッのあと、うちの子が言ったのは「いや。これいや。おむつがいい。」でした。お母さん、お掃除頑張ろうと準備してたんだけれどな。嫌ですか・・・。

ぎりぎり履けそうなトレーニングパンツ。このままサイズアウトが確定しました。残念。その後は何度お誘いしても、おむつ以外は拒否しています。こういう点でも「嫌な記憶が消えない」という特性が生かされてしまいました。

このままおまる生活頑張ります

せっかく声掛けすればウンチがおまるでできるようになったので、今後もおまる生活を頑張りたいと思います。うんちが上手におまるでできた際は、壁に貼った表にシールを貼れるよ!と、子供に伝えて1枚ずつ貼らせています。(写真は以前雑誌の付録についてきたもの)

とても楽しそうに貼るのはいいのですが、トークンシステムをあまり理解していないのか、それともシールの誘惑に負けるのか「もっと貼る!」と泣いたりしています。またおまるでトイレができたらね!と説明して諦めさせたのですが・・・。

気付いたら手が届かない棚の上に置いたはずのシールを椅子に上ってゲット。全部のマスにシールを貼ってから嬉しそうに「見て見て~」と報告してくれました。やられた!・・・なかなかトークンシステム、難しいです。

コメントを残す

*