改善:短パンやスカートが履けるようになりました!やったー!

短パン履けるようになりました!

以前、短パンやスカートが履けなくなったという記事を書きました。その後も暑いのに短パン+スパッツ(今はレギンスと言うのか?おばちゃんでスミマセン)の重ね履きを続けていたのですが、先日から急に短パンのみで履けるようになりました!やったー!

履けなくなったという記事後の様子

記事を書いてからも定期的に短パンだけ履かせてみたり、オムツ替え(トイレトレ停滞中)後におむつのみでウロウロさせたりして足を出すことを気にならないように練習していました。毎回10分くらいすると「ズボン履く」とか「スースーするからぁ」と言われていましたが。

父の日も海水浴や温泉に行ってリハビリ。結構慣れたような気がしていましたが、やっぱりふとした拍子に不安を感じるのか微妙な顔をして「長いの履く」と言うのです。うーむ。春のあたたかな頃に裏モコパンツを履きたいと言ってたくらいです。守られてる感があるのかな。

暑いからこれだけにしようね

先日、療育先にお迎えに行ったところ素足に短パンで涼し気に子供が玄関へ出てきました。おぉぉ!脱いでる!びっくりして先生に「スパッツ、自分で脱ぎましたか?」と聞いたところ、先生は「さっきトイレに行った後で、暑いからコレだけにしようねーって履かせなかったんですけど、ダメでした?」とのこと。

いえいえいえいえ!まったく問題ないです。むしろありがとうございます。療育先には長いパンツしか履きたがらないことを軽く連絡帳に書いてはいたのですが、相談はしていませんでした。ずっと短パンのみでは履いてくれなかったことをお伝えすると「そうなんだー!今日は暑いからこれだけのほうが涼しいよ。かわいい短パンだね。」と誉めてくれました。

子供はなんだか恥ずかしそうな嬉しそうな表情です。さっき脱いだばかりということだったので、いつもの様子であれば30分もしたら「長いの履く」と言い出すはずです。今日はどうだろうか。

すっかり短パンに慣れました

せっかくなので短パンから長いパンツに履き替えられないよう、療育先からそのまま遊びに出かけて車で寝たところを連れて帰ってお昼寝。夜まで気を抜かずに短パンに意識がいかないようにしてみたら・・・大成功。お風呂に入るときも「短パンだけだと脱ぎやすいねー!」と盛り上げ。その日はなんと履き替えずに終わりました。

次の日、違う短パンを手にしてコーディネートした洋服を見せ「これでいい?このパンツかわいいよ。」と聞いてみます。いつもならここで短パンを指さしてこれはイヤ!こっち!と長いパンツを指さされるのですが、昨日よほど気に入ったのか、「うん」との返事。よしよし!

履いてみて10分経った頃に少しズボンを気にしていたので「今日は暑くなるから、これだけにしようね」と昨日の先生と同じセリフを言いました。子供はちょっと考えて「うん」と納得した模様。昨日の良いイメージが蘇ったようです。靴を履くときや車に乗るときなど、パンツの丈を気にしそうな場面で先回りして何度か同じセリフを呟いてダメ押しすると、その後は気にする様子もなく元気に過ごせました。

 

あー!夏本番を迎える前になんとか涼し気な服装にすることができました。良かった!しかし私が何度「暑いよ」と言っても聞かなかったのに、先生に言われただけですんなりと改善したのは複雑な気分ですが、大人もそういうことってありますよね。この人に言われると心にスルッと入って納得しちゃうこと。

先生が何気に行った「暑いからこれやめとこ」という言葉に素直に納得した様子を見ると、本人も暑いと思ってたのかな。その日は外遊びをしたと連絡帳にもあったし。シンプルな言葉だけれど本人の気持ちのタイミングとうまく合ったのかもしれません。私が言っていた時はまだ暑いとは思ってなかったのかな。あー!本当に良かった!

コメントを残す

*