ちょっと反省:「ダメ」と言わないで叱るように気を付けていたのに・・・

爪とぎする子はこの子です

先日、遊んでいるときに子供が「めっ。だめよ!」といいながら私のおでこをぺちんと叩いてきました。あれ?ダメですと?

発達障害児に「ダメ」は使わない

療育先で教えてもらったのですが、発達障害児を叱るときは「ダメ」という言葉は使いません。子供の特性にもよるとは思うのですが、先生方から教わったのは「ダメというあいまいな言葉を使わずに短い言葉で正しい行動を教えてあげること」だそうです。

例えば店内で走り回ってしまう子供に対しては「走ったら危ないから歩こうね」とか、お友達を叩いてしまうときは「叩いたら痛いよ。叩かないようにしようね」という感じ。ちょっとまどろっこしいし、なかなか聞いてもらえないこともあるので難しいんですけれども。

発達障害のある子の中には物事の判断をする機能が弱い子が多いそうです。「ダメ!」と言われても何がダメだったのか、どうすればよかったのかの判断が付きづらいのだとか。うちの子の場合は不安も強いので「ダメ」と怒られると一瞬で涙をためて「怒られた⇒ダメな子だ⇒自信喪失」となってしまいます。

お父さんは「やって良い事と悪い事の区別をつけるために叱ることは必要なのでは?」という考えを持っているので、何度話をしても忘れた頃に「ダメ!」と怒ってしまいます。そうすると、もうブワァーッと目に涙をためて「・・・も・・・毛布・・・毛布(安心毛布)・・・だっこ・・・抱っこ(お母さんに抱っこ)」と泣き崩れます。そうなってしまった後は気持ちを立て直すのにずいぶん苦労するんですよ。お父さん・・・。

確かにしつけは必要だけれど、きちんと言葉で説明して「これはしたらいけないね」と話をすれば理解できる子なのに。なんで何度も同じ失敗(ダメ!といって叱ること)するのかな。たぶん話をしても、きちんとは理解していないのかもしれませんね。

「ダメ」って叱り方は誰がしてたの?

話がそれてしまいましたが・・・気を付けて「ダメ」という言葉を使わないようにしていたのに、子供が「ダメ」といっておでこを叩く仕草をしています。なぜだろう。もしまたお父さんがそんな風に言っていたなら再度しっかり話をしなくては。内心動揺しながら軽い感じで子供に尋ねてみました。

「ねぇ、それ、誰の真似?誰がそんな風に言ってたの??」子供はなんでそんな事を聞かれるのか不思議そうな顔をして、ピッとこっちを指さして「おかあさん!」と言いました。・・・エッ。なんで??私ですか???

子供は笑って「これ!ダメでしょ!(ペチッとおでこを軽く叩く)」と何度も楽しそうに言います。「えー?お母さん、そんなこと言ってる?」そういうと、子供は飼っている猫のところに行くと「これっ!」と言いました。

私がしてました。猫に・・・。

犯人は私でした。うちで飼っている猫の1匹がどうしても柱で爪とぎをしてしまうのです。ガリガリガリガリ・・・という音が聞こえたら「こーれ。ダメでしょ。」といつも言ってしまっていました。何度言ってもチラリとこっちを見るだけで研ぎ続けているときは傍に行っておでこをペチペチとして「ダメでしょー。それしたらダメよ」と言っていました。私の真似をしていたんですね。反省。

理由は解りました。でも困ったな。猫相手に「ダメ」と言わずに叱るべきなのか・・・。子供は何でも真似をする時期です。私にもやったように療育先でお友達や先生にやってしまうかもしれません(というかもうやってるかも)。強い調子ではないし手でおでこをつつく程度ではあるものの、良い事ではないよね。

飼い主に服従する犬と違って、猫は叱ってもあまり効果のない生き物。基本的にやられると困ることは原因を徹底排除(触られて困るものは置かないなど)して叱らない環境を作るのが良い方法なのですが、家の柱を全部隠すとか対策するのは難しいです。霧吹きで水をかけるのも良いらしいのですが、子供が嬉々として真似するのは目に見えるので却下。いたずらしたその場で叱らないと何を怒られているのか理解できないというので、子供の前では叱らないというのも混乱するし。困ったなぁ。

他は大きな音で驚かすとかですが、小心の子供のほうが驚いてしまう可能性が高いしな。爪とぎはたくさん設置しているのですが、他の猫に対しての縄張りアピールなのか体を伸ばしてストレッチの一環なのか・・・どうしても爪とぎがしたいようで今まで改善されずにきました。

叱るのを一時中断します。

悩んだ末に、もうこの際怒っても改善されていないんだから今後は猫に爪をとがれても怒らないことに決めました。子供の真似っ子時期が過ぎるまで見ないふりをすることにします。うちは猫なので一緒にすると大変失礼なのですが、特性の違うご兄弟(健常児と発達障害児のような)を一緒に育てているお母さん達盛り方で叱り方で悩んだりするのかな?子供によって叱り方を変えるのは難しいから、そういう時は発達障害児に合わせて細かな説明するほうにするのでしょうか。

本当に子供って親の行動をよく見ていますね。今後はちゃんと子供の手本になれるように、行動の見直しをしていかないといけないなと思った出来事でした。

コメントを残す

*