最近空想遊びが激しい:うちの子は物語型だなぁと思った話

お風呂でイルカが泳いでいます

3歳のお誕生日プレゼントの中に1冊だけ動物の図鑑を入れました。買ったのは本屋さんでいろいろチェックして選んだ「動物 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)」です。

図鑑はすっかり放置されている・・・

動物は大好きです。動物園も大好きです。しかし、本が大きすぎて重いのかまったく開こうとしません。でも、そんな年齢のお子様のためにDVDがついているのよっ!と、ワクワクしながらDVDを再生してみましたが・・・ちょっと見ただけで「もう見ない!消して!」と怒られる始末。なんでだ。

しかもすごく楽しみにしていたDVDだったのですが、なんか見たことある映像ばかり・・・。あっ。そうか。NHKのスペシャル映像ですからね。「ダーウィンが来た」だの「地球ドラマチック」だの「プラネットアースⅡ」だのばっかり見てるので再編成した映像はなんだか物足りなくて・・・。まぁ、そうよね。いろんな動物取り上げなきゃいけないから短くしか紹介できないよね。

残念ながら図鑑自体は放置(私が読んでいると閉じて他のことをして遊べと怒られる)。DVDは買ったときにちょっとだけ見ただけ(こちらも見ようよと誘っても無視)。という状態になっております。図鑑セットを買うか悩んだけれど、今のところ様子見の1冊だけで良かった。

なんとなく、本屋さんで図鑑を見せても不機嫌なのでそうなるんじゃないかなと思ってはいましたが、うちの子はやっぱり物語型の脳のようです。お友達のお子さん(男の子)は2歳から図鑑に釘付けで大好きらしいと聞いたので、うちの子もそろそろ・・・と思ったんですけどね。

物語型と図鑑型の脳がある

子供の脳は物語型と図鑑型に分かれるそうです。物語型は「人間関係に敏感なタイプ」で図鑑型は「物の因果的な成り立ちに興味を持つタイプ」だそうで。女の子の80%は物語型。うちの子は女の子だし、私も人間関係苦手ながら物語型なのでそうだろうなぁとは思ってましたが、こんなに拒否されるとは思いませんでした。

図鑑系の本は無視されますが、物語性のある本はとても大好きです。最近は文字が読めるようになったこともあって、持っている本はわりと暗記しているのですが長めのまだうろおぼえの本「しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)」も、内容は覚えていて若干アレンジしながらもひとりで楽しんでいます。

私はこの本は幼稚園の年長さんくらいに読んでいた記憶があるのですが、もう面白いと感じるんだなぁ・・・。しずくが氷になるとか雨として雲から降ってくるとか、雨が集まって川になるとか、ちゃんと理解して読んでいるのでびっくりしてしまいます。

最近は空想遊びがブーム

先日はお風呂で子供が浴槽の横に立ち「お母さん!ほら、イルカがいるよ!たくさん泳いでいるね~。エサをあげよう。あっ。飛んだよ~」などと突然言い出したのでびっくりしました。水族館でイルカのショーを見たので印象に残ったのかもしれません。お風呂でイルカがいっぱいの空想遊びをしだしました。

コップを渡され「餌をあげよう。」というので「餌はなに?」と聞くと「お魚!」だそうです。ふむふむ。見えないイルカにエサをあげ、ジャンプする様を想像して手を叩いたりしました。空想遊びを始めた子供には「そんなものいない」とか言わずに、話を合わせて想像力を養うほうがいいそうです。

リビングで本を読んだりしていると、突然子供が私の手を引いて言いだします。「お母さん!ほら!キリンがいるよ!」突然すぎてびっくりしますが、あぁ、今日は動物園か?と思いながら話を合わせて部屋中を歩きながら見えない動物を指さして子供と話をします。「プレイリードッグは今日も寝ているね」とか。本当に見ているように指を差して楽しそうに声をあげる子供を見ているとすごいなぁ・・・と思います。

日々見ていると、雲をおにぎりみたい!と喜んだり、ヤシの木を緑の花火が上がってると言ったり。想像力はたくましそうなわが子です。想像でお話を作るのも好きだしなぁ。

発達障害と想像力

ただでさえ発達障害を持つ子供は想像力に乏しいことが原因で定型発達のお子さんとの間に認識の違いや物事の捉え方の違いがでてくると言われていますから、大事な事だよなぁ・・・と思う反面、妄想激しい私の中二病時代(ポエマーだった)を思い出すと想像力が違う方向へ行ったらどうしようとも思ってしまう。

想像力っていってもいろいろあって、今子供が夢中になっている空想遊びは想像力というより妄想力。発達障害の特性のひとつである「想像力の欠如」というのは「相手の立場に立って物事を考える力」のことだと思うんです。私は妄想力は強いけれど、この、相手の立場に立つということが苦手。

こういう力はどうやって育んだらいいのか分かりませんが、とりあえず物語の絵本をたくさん読んで疑似体験を増やしたり、子供と話をして「絵本の中の登場人物の気持ちを想像する遊び」を続けていこうと思います。・・・こんなんでいいのかな?

コメントを残す

*