お盆は受難の時期:お菓子もらってもお礼は言わないよ!

お菓子もらってもお礼は言わないよ

お盆の期間がやっと終わりました。数年に1回程度しかお会いしない親戚や同年代の従弟達に会ってたくさん「ご挨拶」の機会がありました。まぁ、うちの子は1回もしなかった訳ですけれど。

挨拶は理解しているものの、したくない

うちの子は3歳になりましたが、まだ挨拶ができません。おままごとの様子を見ているときちんとシーンごとに挨拶を交わしているし、「朝起きたら何て言うんだっけ?」「昼間にお外で誰かに会ったらなんて言うんだっけ?」と質問するときちんと答えを言う事ができます。でも、挨拶がきちんとできるのは母親の私に対してのみなのです。

私にはちゃんと言う事ができますが、父親に対しては気が向いた時しか挨拶を返そうとはしません。家族以外にはもう絶対というほどしません。無言で困ったような顔をするのみです。そして、「ご挨拶だね。こんにちは・・・だよ」という私に「・・・しないの。」とささやくのです。

ありがとうも言いたくない

親戚の家に行くとお茶やお菓子を頂きます。お菓子はとっても嬉しそうな顔をして受け取ります。・・・でも、ありがとうは言わないのです。「・・・いわないの。」です。うちの母(子供にとっては祖母)が一緒にいたのですが、「ありがとうは?ありがとうって言おう!ありがとうって言わないとお菓子もらえないよ!」と頑張っています。この歳になって挨拶もできないなんて恥ずかしいという感じです。

親戚は母とうちの子とのやりとりを苦笑いで見ていましたが、結局ご挨拶することはできず・・・そのままお菓子を頂いてしまいました。そろそろ年齢的にご挨拶ができないのはしつけがなっていない!という感じで見られているなと感じます。うちの母は「この子はなかなか挨拶できなくて。本当に頑固で困る」と本人の前で言っていました。

うちの母は本人の前でこういう事を言うタイプの人です。本人が聞いたらどう思うかということはまったく考えていなくて・・・というか、聞いて反省しなさいという気持ちなのかもしれませんが、子供の頃から聞こえていないふりをして心の中で傷ついていたので本当にやめてほしい。子供の頃から言われ続けてきたので聞いているだけで胸の中がドロドロしてきてしまいます。

あぁ、また黒い心がはみ出てきて話が逸れてしまいました。まぁ、まとめると今年のお盆期間はたくさんの人に会ってたくさん挨拶の機会がありましたが一度もできなくて少々肩身の狭い思いをしましたということです。

自閉症スペクトラムの子供が自発的に挨拶できるようになるのは小学生くらいから

先日読んだ本で自閉症スペクトラムの子供が自発的に挨拶できるようになるのは小学生くらいからということを読みました。でも一度できるようになるとスルッとできるようになるそうです。(たぶん、自分の中で何か引っかかることがあるうちはできない)小学6年生くらいまでは無理に挨拶させても身に付くことは少なく、逆に苦痛を感じてしまうので本人が挨拶できるようになるまでは無理強いをせず見守るほうが良いのだとか。

このことは前からうっすら意識してきたのですが、子供が少しずつ大きくなって定型発達の子供達がきちんとご挨拶できるような年齢になってくると、途端に心にずっしりと重く圧し掛かってくるなぁと感じました。まわりができるのに自分の子供はできないと比べて思ってしまったり、周りからの「きちんとしつけをしなさい」という圧力に負けそうになったり。

子供にとって何が一番良い方法かはわかっているつもりですが、「発達障害」のことを知らない人達の前では自分が悪いような気持ちになってしまって間違った方法をとってしまいそうになります。親である私がきちんと言えていればいいじゃないか!そのうち言えるようになるさとにこにこしていればいいじゃないか!

基本的に私にも同じような特性があって挨拶をする場面で正しい言葉が出てこないことがあります。「おはようございます」とか「ありがとうございます」とかはスルッと出てくるのですが、「お疲れ様」と「ご苦労様」とか「ご無沙汰しております」とか。スルリとは出てきません。えーと・・・と考えて言わないと出てこないし、言われると「・・・ど。どうも。」と言ってしまったりしてしまいます。私が挨拶に苦手意識があってどうするんだ!という感じですね。

とにかく、今のところは自分の苦手意識は横へ置いておいて子供に見本となるように爽やかにご挨拶できるように頑張りたいと思います。

「しない」という意思表示ができてすごい!

お盆明けに療育の先生にお盆期間のご挨拶のことをお話する機会がありました。そうすると「うわー!すごい!ちゃんと『しないの』って自分の意思表示ができて偉かったですね!」と褒められました。

そうか。そっちか。確かに子供は私以外の人の前では意思表示もあまりうまくできません。嫌なことも嫌と言えずに無言で泣いてしまいます。なので、しないのと言えたことがまずすごいと言ってもらえてなんだか心がほっとしました。そのままでいいと言われたような気がします。

褒める点をなかなか見つけられない親なので、こんな風に褒めるべき点を教えてもらえる環境にいることに素直に感謝したいとおもいます。先生ありがとうございました。

コメントを残す

*