適当母:子供が笑顔で「ま、いっか!」と言う様になってしまった。

ま、いっか!という考え方

まだまだ小さい子供を育てていると、親の意向をまったく聞き入れてくれない事がよくありますよね。今すぐ着替えて欲しいんだけど・・・子供はパジャマのままで絵本を読んでるとか走り回ってるとか。

子供は親の言う事なんて聞かない

うちの子は3歳ちょっとなので、まだ親になって3年ちょっと。しかもそのうちの1年くらいは親の意向をすんなり受け入れてくれる時期なので、言う事聞かなくなって2年とちょっとかな。それくらいの短い間しか体験していないのでまだ勉強途中ですが、とりあえず「子供が親の言う事を聞かないのは当たり前」と思えるようになってきました。

だってロボットじゃないし。プログラムエラーなら直さなきゃと思うけれど、きちんと小さい頭で考えて「今はこれがしたい!」と自己主張しているということなのかなとも思うからです。うーん。すごく困るけど、ある程度は仕方ない部分もあるかな。しかも、発達障害児は指示が通りにくい部分が多いのでイライラすることも多いですよね。

苦手なものをまったく食べないとか、やって欲しいことを全然やらないとか。まぁ、些細なことだよねー・・・ってことで、イラッとする気持ちを静めるためにそういう場面になったときに「うーん。お母さんはすぐ着替えて欲しいんだけどなぁ。・・・・・・ま、いっか!」と、言う様になりました。

「これ食べて欲しいんだけど・・・ま、いっか!」という感じです。着替えなくても死にはしません。ある野菜を食べなくても病気になる訳でもありません。命の危険があることでもない限り、諦めも大事と思ったからです。言う事を聞いてくれないよりは聞いてくれたほうが嬉しいですが、そのために子供に小言ばかり言うのは子供も私も辛いなと思いました。

子育てを完璧にしようとすると苦しくなるから、できる範囲でいいやと諦める訳です。困ったなぁと思ったときに「これをしなかった時のデメリットってなに?」と考えて、ある程度のデメリットくらいなら笑って楽しく子育てできるように「ま、いっか!」と言って諦めることにしました。そしたら結構気持ちが楽になります。

諦めるといっても全面的にではない

「ま、いっか!」と諦めるのは全面的にではなく「今すぐ着替える」の「今すぐ」の部分を諦めるってこと。「今すぐ着替えて欲しいけど・・・ま、いっか!絵本読んでからでいいよー。お出かけは10時だからノッポの針が9のとこに来たら着替えようね」とか言っておくんです。子供がやりたいことをちょっとだけ優先させてあげる。その変わりにこちらの要望も聞いてね!って感じです。

例えばうちの子はピーマンは嫌いなのですが、細かくして何かに混ぜ込んであると食べます。夕食にピーマンを残したら「うーん。ま、いっか!」私も子供の頃は大嫌いだったもんな。でも諦める訳ではありません。次の日の卵焼きにしれっと他の具材と一緒にして混ぜて焼けば食べますから。「ま、いっか。明日食べさせよう」です。本当はちゃんと「残したらダメだよ!」と怒るべきですが、まぁ、小さいものまで避けて食べる訳ではないので今のところはこれでいいかと思っています。

「ま、いっか!」と子供が言う様になった

そうしているうちに最近、子供がそういう場面になったときに「・・・ま、いっか?」とニヤリと笑って私の顔を見ながら言う様になりました。「ま、いっか!って言ってよ」って感じでしょうか。私もま、いっか!と思えるような時は笑ってしまってそのまま「ま、いっかー!」と言ってしまうのですが、ダメな時は「ま、いっか・・・じゃなーい!ちゃんとしなさーい!」と言うと「なんだ、ダメか。」としぶしぶやるのです。

最近、「これくらいなら許される?」という子供の小賢しい感じが出てきつつあります。しまった。「ま、いっか!」という言葉は心の中だけで言っておくべきだった。子育てにある程度の諦めは必要だけれど、方法はもう少し考えるべきでした。ちょっと反省です・・・。

ただ、「ま、いっか!」という考え方はこだわりのある子にはぜひ身につけてほしいかな。「これでなきゃダメ」とか「こうであるべき」みたいな考え方に固執せずに柔軟に「ま、いっか!」という諦めを身につけられたら本人も楽になるかなぁ・・・と思います。

コメントを残す

*