気付き:おむつに執着するのは「失敗したくない(白黒思考)」だったのか!

白黒思考は生きづらい

トイレトレが進まないというよりもう何もしていない状態になっています。うーん。困った。このまま幼稚園(行けるかどうかは謎)に入ってしまうのか・・・。

不安が強い子向けのトイレトレ検索中

本人の「オムツ以外ではイヤ」という気持ちをどうやって取り除けばいいのかがわからず、最近は不安が強い子を育てているお母さんのブログのトイレトレ記事を検索して読み漁っています。

トイレもいや、おまるもいや、布パンツもいや・・・そう本人に言われて、そして療育先の先生には「無理にさせないように」と言われているので今後どういう風にやっていけばいいのかわからなくなってしまいました。

うちの子みたいな子もわりといるんだなぁ・・・と思いつつ記事を読んでいると、こんな文字に当たりました。「失敗することを極端に恐れておむつを手放せない」というものです。私は今まで自分の子は「不安だからできない」と思っていたんです。

あぁ、失敗するのが怖かったのか。不安なのも失敗が怖いのも大きな違いはないように思いますが、「失敗することを極端に恐れる」という言葉にすごくしっくりきてしまいました。

今までの経緯を振り返ってみると・・・そういえば「たくさん漏らしてできるようになる」とか「失敗させろ」的なアドバイスのもとにやっていままで失敗してきた(そのたびに態度が硬化してきた)なぁと感じます。失敗を恐れているんだもの。できるようになんてならなくて当たり前だわ。

祖母世代のアドバイスはうちの子には全然合っていなかったということですね。薄々感じてはいましたが、私はメンタルが弱いので母や義母や夫に「失敗させろ」と言われて自分のやり方に自信が無かったので試してみてしまいました。あぁぁ。失敗だったなぁ。昔の人は1歳にはおむつを(強制的に)外していたし、それでみんなできるようになっていると言われると・・・

今まで失敗して怒ったことはありません。嫌な顔もしたことはないんですが、やっぱりおしっこが足を伝う気持ち悪さとかやってしまった!という気持ちからおむつに執着しているんだと思います。

理由は解った!でも解決方法がイマイチ・・・

そうかー!と思ったのもつかの間・・・。じゃあどうすれば?と思ってまたブログを読み漁るも、うまく解決方法にたどり着きません。「ある日突然できるようになった」とかいう言葉を見るくらいです。あとは「モノにつられてできるようになった」とか。そうか。うちの場合、いろいろやってみましたがモノに釣られることは無かったので、やっぱり待つしかないのかな。

いつまでもおむつの子はいないよとよく聞くのですが、何もしていない(トイレ行く?という声掛けくらい)のも問題なんじゃないかと思ってソワソワしてしまいます。先日も子供が「かわいいお姉ちゃんになりたい」と言ったときに私がかわいいお姉ちゃんになるにはトイレで・・・と言ったことも本当はストレスになって良くないのかなぁ。明日療育先で相談してみよう・・・。

失敗することを極端に恐れるのは白黒思考の特性

白黒思考というのは物事を白か黒かでしか考えられず、グレーを認められないというもの。たとえば子供がひらがながうまく書けなくて癇癪を起こすことや、ボールをうまく投げられなくて「ちーはもうダメだぁ!できない!上手にできない~!」と泣き伏してしまうことがそれにあたります。

今はまだ小さいからうまくできないけれど、練習したらできるようになるんだよと言って慰めてもなかなか納得してくれなかったのですが・・・そうか。これも特性か。確かに私も人に注意されるのが苦手です。一度注意されると長い間落ち込んで引きずってしまいます。

こういう思考を持つ子には「失敗しても大丈夫だよ。」「こうするといいよ。(解決方法を教える)」「負けても面白いね」とグレーを認められるような考え方を教えてあげることが大事だそうです。失敗することも大事なことだと気付けるようになると辛い気持ちも少しは楽になるかな。

あと、「まぁ、いいか」という考え方もいいそうです。なんだ。知らないあいだに私のクセになりつつある適当加減は私が生きるために大事なことだったのか!子供に真似されて「やばい。適当がうつる・・・」と悪影響を気にしていましたが、今後は気にせずやっていきたいと思います。

コメントを残す

*