トイレトレ:お風呂でおしっこしてはいけません。

いままでも湯船でおしっこしてたんだな?

先日お風呂に入っていたところ、湯船に浸かっていた子供がぶるッと震えたので見たところ、もやーんと足のあたりに漂うものが・・・。エッ。おしっこ?おしっこしちゃったの!?

今まで洗い場での粗相は窘めていたけれど・・・

うちの子はまだおむつ以外でおしっこができません。トイレに座ってもすぐに「出ない」と言って立ち上がってしまいます。そしてオムツをはいた途端にじゃーっと・・・。トイレでできないというよりしたくないという感じ。

なかなか話をしても泣きながら「おむつがいい!」というばかりでトイレトレは難航中です。しかしおむつ以外でたまにおしっこしてしまう場所があります。それはお風呂の洗い場。遊んでいるうちに「アッ・・・(ジャー)」となってしまうので「お風呂でおしっこしたら汚いからいけないのよ。ちゃんとトイレでしようね。」と言うのですが、時々やってしまうのを見かけていました。

それが先日は初の浴槽での現行犯逮捕。今までもしれっとやっていたんだろうけれど、もやぁっと出るのを見たのは初めてです。すぐにお風呂のお湯を抜いてお掃除しながら「お風呂でおしっこしてはいけません。」と伝えました。すると子供は衝撃的な顔をして「おふろでおしっこしたらダメ?」と聞いてくるのです。「はい!してはいけません。お風呂のお湯の中でおしっこしたら汚れて入れなくなるでしょう?」と怒らず冷静に伝えました。

なんと・・・。これまでも粗相してしまうたびに伝えてきたんだけどな・・・。今まで洗い場での現行犯のみ注意されていたので、浴槽内はいいと思ったんだろうか・・・。

お風呂に入りたがらなくなった

「お風呂でおしっこしてはいけません。」と宣言した途端、子供がお風呂に入りたがらなくなりました。お風呂に入るよと促しても気まずそうな顔をして遊び始めたり、すいっと離れていなくなったりするのです。お風呂での遊びに誘ってものってきません。なんでだろう。

不思議に思いつつも何度も誘って2時間後にお風呂には入ったのですが(2時間もお風呂に入ろうと誘い続けるのは難儀です・・・)その後もお風呂を渋り続けています。辛い・・・。

どうしてお風呂に入らないのかを根気強く聞くのですが、「お湯が嫌いだから」「お風呂嫌いだから」とか言っています。そんなことじゃかわいいお姉ちゃんにはなれないよ!と言っても悲しそうな顔をするのみで動こうとしません。

湯船で怒られたからもう入りたくない

怒らず子供にわかるように何度も説明して理解してもらうというのが発達障害では大事なのですが・・・私は怒ったつもりはなくても、子供にとっては怖かったのかもしれません。たぶん怒られたという風にとらえているのかも。

怒らないで」と言われることもちょっと増えたような気がします。怒ってないでしょう?と言いながら説明するのですが、それさえも怒っているように感じるなら、どうしたらいいのかわからなくなってきました。何も言わずに放置するのはしたくないです。

雰囲気なのか言い方なのか・・・子供がそんな風に感じているなら変えなければと思うけれど、言葉が増えてきたこともあってなかなか言う事を聞かなくなってきているのでこれ以上優しく注意ができるかなぁ・・・。「イーヤー!」「したくなぁぁぁい♪」なんてたぶん誰かの真似なんだろうけれど、聞いているとイライラしてしまう。

言葉がけの本でも改めて読んで勉強し直そうかなぁ。このままだと私にも子供にも良くないね。

コメントを残す

*