初めてのカウンセリング(1)

療育

前回は診断前のカウンセリングの予約をするまでのことを書きました。今回は初めて診断前のカウンセリングに行った際の記事を書きます。

前回の記事はこちら

診断予約までの待機時期
前回、初めて診断を勧められた記事を書きました。今回はその後、診断前のカウンセリングの予約をするまでのお話です。 前回の記事はこちら。 療育先で見せる子供の怯えた様子 前回の記事で思いのほか早い段階で診断を勧められた、ちー。...
スポンサーリンク

発達診断を受ける医療センターの様子

行く前に子供が緊張しないよう心構えをさせました

前日から子供には「明日は初めての病院に行くよ。お母さんはそこで先生とお話があるから、ちーは他の先生と遊んで待っててね。たぶん楽しいよ!」と言っておきました。

いつも行く病院の先生が大好きだったので、病院に悪いイメージはありません。遊んでもらえると楽しみにしている様子でした。

私も初めて行く医療センターは普通の病院とはまったく違いましたが、嫌な感じはしませんでした。病院というより、公民館とか福祉館とかに近い感じです。

完全予約制なので数組の親子がいるくらいで人もまばらで、受付で書類を書いたりしている間もちーは落ち着いて待っていました。初めての場所ではだいたい大人しいんです。

医療センターは目で見て理解できる工夫がいっぱい

受付を済ますと、案内があるまでロビーで待ちます。

受付横に広いキッズスペース(靴を脱いであがるおもちゃや絵本があるスペース)があり、ちーはすぐに靴を脱いで遊び始めました。

普通の施設と違って、靴を脱ぐスペースや本棚・おもちゃの棚には大き目に目で見て理解できるような図解の指示(靴を脱ぐ場所とか静かにとか)が貼ってあります。

やはりここは医療センターなんだなぁ・・・と思いました。

ちーは言わなくてもきちんと靴を脱ぎ、隅に揃えて置き、大好きなブロックを出して遊び始めました。

私もそばに座って本をめくっていると、丁度学習障害のあるお子さん達の療育が終わったところでロビーに降りてきていました。みんなにこにこ落ち着いていて、楽しそうにおしゃべりしています。

何も問題を抱えているようには見えないので、なんだか普通の塾かなにかに来ているような錯覚に陥りました。

スポンサーリンク

カウンセリング前の身体測定

優しそうな女性のスタッフの方がちーの名前を呼んで、「体重と身長を図りたいので移動しましょうね」と言いました。

ちーは黙って頷いてブロックを片付けると靴を履いてスタッフの方について行きます。すごく素直です。あまりよく知らない人の前だと我儘いいません・・・。

廊下の先の保健室のような部屋で、スタッフのお姉さんが壁に貼られた絵(身長を図っている男の子)を指さして「靴を脱いで、こんな風にできるかな?」と聞きました。

ちーは頷いで靴を脱ぐと、絵と同じように身長と体重が同時に図れるスケールに乗りました。

つい2週間ほど前にいつもの小児科に風邪で行ったときに体重を図ったのですが、そのときは逆向き(身長のスケールに顔をつけて)に乗っていたので、絵を見せて指示を出すことってやっぱり有効なんですね。

きちんと落ち着いてできたことをお姉さんにたくさん褒められて、「できた!」とちーも得意になっています。ご機嫌です。

おもちゃはあるし優しい人がいるしで、ちーにとって医療センターは良い場所のイメージになったようです。

「これからこの診察室に入るから、部屋の前の椅子に座って待っていてね」と言われてふたりで座って待っていました。

ちーはキッズスペースに戻ってまたブロックをやりたかったようで、小声で「あっちに行きたい」と言いましたが「待っててってお姉さんが言ってたから待ってようね」というと納得したようでした。

初めての場所では勝手に歩き回ったりしません。怖いので・・・。

医療センターのスタッフさんは優しそうな人ばかり

待っていると、さっきとは違う女性のスタッフさんがやってきました。こちらも優しそうです。

診察室に通され、もうすぐ先生がいらっしゃいますよーなどと言っていると、これまた優しそうな女性の先生がやってきました。私と挨拶した後、ちーに向かって挨拶します。

優しそうな女性の人ばかりです。ちーは緊張はしているものの嫌ではないようで、挨拶にもじもじして私の顔と先生の顔を交互に見たりしていました。

子供が遊ぶ様子を見て発達観察します

部屋の半分ほどにプレイスペースが作られており、先生がおもちゃを出して遊びに誘います。

「いいの?」という風に私のほうを見たので、遊んでいいよーと言うと、ちーはこのときも靴を脱いでしっかり揃えて、もじもじしながらも先生と遊び始めました。

私が「明日は先生と遊ぶよ」と言っていたことが本当になって、嬉しそうです。私は部屋のもう半分の机と椅子があるスペースで座って様子を見ていました。

遊びながら様子を見るんだなぁ・・・と、スタッフさんと先生と3人で楽しそうに遊ぶちーを見ながらどきどきしていました。

ここまでの様子を見る限り、何も問題がありそうな子には見えないです。親の私からすると「いい子にしすぎじゃない?」と、子供の猫かぶりに苦笑いでした。

初めての場所、初めての人にはいつもこんな感じです。予想していた様子に、これでいいのだろうか・・・?と、余計不安になりました。

次は初めてのカウンセリング(2)を書きたいと思います。

 

診断の話をまとめて読むときはこちら

初めて発達診断を勧められる
ちーは2歳3ヶ月の頃にお迎えに行った療育施設の先生に「できるだけ早い段階で医療にかかったほうがいい」と、言われました。 診断の記事をまとめて読むときはこちら 初めて発達診断を勧められる  ※この記事 診断予約までの待機...
診断予約までの待機時期
前回、初めて診断を勧められた記事を書きました。今回はその後、診断前のカウンセリングの予約をするまでのお話です。 前回の記事はこちら。 療育先で見せる子供の怯えた様子 前回の記事で思いのほか早い段階で診断を勧められた、ちー。...
初めてのカウンセリング(1)
前回は診断前のカウンセリングの予約をするまでのことを書きました。今回は初めて診断前のカウンセリングに行った際の記事を書きます。 前回の記事はこちら 発達診断を受ける医療センターの様子 行く前に子供が緊張しないよう心構えをさ...
初めてのカウンセリング(2)
前回はカウンセリング(1)を書きました。今日は続きのカウンセリング(2)を書きたいと思います。 前回の記事はこちら 初めて発達診断を勧められる 診断予約までの待機時期 初めてのカウンセリング(1) 初めての...

コメント