聴覚過敏かもしれないちーとお父さんの関係

気になる特徴

ちーには苦手なことがあります。2歳になった頃から、お父さんが「あっ。だめだよ!」とか「こらっ(軽め)」とか「ちー!」とか言う声が苦手です。

水をこぼしてしまった時や、ふざけて注意される時などにお父さんが声をかけると、途端に目に涙を浮かべて私に抱きついて来ます。大声で怒るとかではありません。普通に声かけをしても泣いてしまうのです。

スポンサーリンク

「ダメ」という言葉がダメなの?

それまで特になごやかに過ごしていた休日。例えば食事のときにふざけてコップを倒しそうになったとします。見ている親としては「あっ!水が!あぶないよ!」くらいは言いたくなります。それをお父さんが言うと泣くのです。私からは言われ慣れているのか、怖い顔をしても怖い声で怒ってもなんともありません。

一度ふざけているところを注意されて「怖い。お父さんに怒られる!」という感情が芽生えてしまったのでしょう。仕事が忙しくて週に1回、日曜日しか会わないからなかなか感情が上書きされないというのもあるのかもしれません。ちょっとした声で反応してしまうようになりました。

「ダメ」という言葉が怒られると思って怖いのかなと思ったのでお父さんには「ダメという言葉を使わないでみて。」とは伝えて注意してもらったのですが使わなくても、少し注意するニュアンスが入ると泣きます。それまで「お父さん!お父さん!!」とお膝に乗ったりおしゃべりしていても、やっぱり注意する声でスイッチが入ります。このせいで、お父さんはなかなかちーのことを怒れなくなってしまいました。

スポンサーリンク

お風呂がジャー!

先日、それに加えてもうひとつお父さんとの間に苦手ができました。日曜日はいつもお父さんとお風呂に入るのですが、その日はお風呂のお湯を入れすぎてしまって二人で湯船につかったときに「ジャー!」とお湯が溢れてしまったようです。それが怖かったのか、泣いてもうお風呂から出ると大騒ぎ。次の週からは「お父さんとはお風呂ジャーするから入らない」と言われてしまいました。

1ヵ月ほど週1のお風呂も拒否されたお父さん。しょんぼりしていたので、ちーと二人でお風呂場に行き「見て。お母さんがお風呂のお湯がジャーと流れないようにした(2人が入っても溢れない程度にお湯をためた)から、もうジャーってならないよ。だからお父さんとお風呂入ろ」と説得して、やっと一緒に入れるようになりました。

お父さんももうちょっと一緒にいる時間が増えると慣れるのかもしれないけれど、お仕事だから難しいな・・・。ちーにとって大好きな人だけれど、やっぱり怖い気持ちが勝ってしまうようです。

聴覚過敏があるのかな

ちーは急に大きな音(声)がするのが苦手なのかもしれません。トイレの手を乾かす機械の音も怖いらしいですし、突然叫ぶ元気な男の子とかも怖いようです。予測できないことが怖さの原因かなと思うので、私と一緒にいるときは「これ(手を乾かす機械)は使わないから大丈夫よ」と言ったり、「ちょっと大きい音がするかも」と伝えると、前もって心構えができるようで緊張するけど大丈夫。

パニックになるほどの場面には出会っていないので軽い聴覚過敏なのか?と思っていますが、こういうのは大丈夫の経験を積んで慣れていくしかないのかな・・・。今は「怖いの。嫌なの!」くらいしか言わないし、もう少し自分の気持ちを細かく伝えられるようになってきたら「どういう風に感じるの?」と聞いて対策を考えたいと思います。

【追記】大きな音が苦手な子向けの対策(2021.3)

今考えると聴覚過敏と不安からくるものだったと思います。大きくなってくるにつれて(経験をつんだことによって)、かなり大丈夫になってきました。

本人が驚きそうなものがあるところに行く時は予め遠い場所で一度止まって、「あそこにトイレの大きな音が出るやつがあると思うよ。大丈夫?」と聞いて、心の準備をさせると慣れていくと思います。

感覚過敏?:急に大きな音と光ながら回転しだす駐車場の回転灯が怖い。
最近、子供に新たな苦手なものが出てきたのでご紹介します。 それは駐車場で車の接近を知らせる回転灯。急に「ピコーンピコーン」と大きな音で鳴りながら回転しだす回転灯が怖くてたまらないようです。 予想できない物事が起こるのが怖い 子供は...

苦手な体験を増やす(複数回驚かせる)行為は苦手意識が強くなるのでおすすめできません。

怖かったけれど我慢してチャレンジしてみたら大丈夫だったという体験を積むといいと思います。

コメント