忘れっぽい母:読んだ本の内容をすぐ忘れてしまいます。・・・あれ?これ読んだっけ?

本の内容をすぐ忘れてしまいます

子供の頃から本を読むのが大好きでした。自宅には兄や姉のおさがりの絵本が大量に詰まった本棚があり、いくらでも読むことができました。

なんとなく設定くらいは覚えている

小学校の頃は図書部員でした。図書館に入り浸っていました。物語系の本を読んで妄想ばかりしている子供でした。中学校になるとお小遣いで本を買う様になりました。お小遣いのほとんどは本に消えていました。

・・・と。すごく本が好きだったのですが、ひとつ気になることがありました。私は本を読み終わると「あぁ!面白かった!すごく感動した!」と思うのですが、その後しばらくすると本の内容がほとんど思い出せなくなるのです。友達に「あの本、すごく面白かったよ。あのね・・・(あれ?どんな話だったっけ?)」という感じ。

おすすめの本を教えてよ!どんな内容?と聞かれると困ります。だいたい作家名やタイトルは覚えているのでおすすめするのですが、面白さを語ることができません。えーと。主人公の名前はなんだったか・・・。

本を買うときはパラッと開いて少し読んでみます。すると、「あ、これ読んだなぁ」と思うのです。タイトルを覚えているくらい印象的な本は読んだかどうかはすぐわかるのですが(内容覚えてないけど)、あまり印象に残っていないものはちょっと読んでから「あぁ、これは読んだんだった」という感じ。

マンガなんかは中が読めないので最新刊として積まれているあいだに3回も同じ本を買ったことがあります。もう自宅に帰って本棚を見て「あぁぁ。またやってしまった・・・」と思っていました。

覚えられないけど大事なことは参考にしたい

まったく面白くなかった本を覚えていないのならつまらなかったからかな・・・と思うのですが、すごく感動したとか面白かった本まですっかり抜け落ちてしまうのはなぜなんでしょうか。せっかく読んだのに。内容覚えてないなんて書いた先生に失礼すぎる。

面白かったのに抜け落ちるという現象は「発達障害の本を読んで参考になったなぁと思ったのに、閉じてちょっとするとすっかり忘れる」ということにもなってきます。参考にしようと思ったのに。思っただけですっかり忘れてしまうのです。これは役に立たない(私の脳が)・・・。

なので、繰り返し読みたいと思う本や参考にしなきゃと思った本は大事なページに付箋を貼って、読み返す用の棚に置いています。子育てで対応に困ったときに付箋の部分をパッと開いて再度頭に入れなおすんです。何度かやっているうちに覚えられます。

困るのが図書館の本。返さなきゃいけないので、図書館で借りて付箋を貼りたいなと思ったら「大事なことノート」に書き写すかコピーして大事な部分を貼っておきます。これは!と思うものは買って手元に置くようにします。付箋部分がたくさんあるとき(参考にしたいことがたくさんあるとき)とか面倒くさいので・・・。

小説とかはもう諦めて何度も楽しむ

参考にするようなものではない物語系の本は、大好きなものだけ購入して手元に置いています。残念なことに再読すると「あぁ、この文章の言い回しは読んだことがあるなぁ。・・・そうだそうだ。そんな展開だったなぁ。」なんて思うのですが、続きは覚えていないのですっかり新しい本を読んでいるような気分で最後まで楽しめます。

結婚前は新しい本をどんどん購入できて楽しんでいたので、覚えていないことを残念だなぁと思っていたのですが、出産後は自分の本を買うなら子供の絵本を買ってあげたいと思うし子供と一緒だと選ぶこともできないのでなかなか自分の楽しみのための本を買う機会が減ってしまいました。そうなってくると、本の内容をすっかり忘れてしまうのも悪くないなぁと思ったりします。

なんだ。何度読んでも好きな本は楽しいじゃないの。ちょっと時間が空いたり活字を読みたいなぁという気持ちになったら、自分の本棚を物色して本を楽しんでいます。毎回毎回新鮮に楽しめていいじゃないか。

・・・「1冊を何度も楽しめてお得でいいなぁ」なんてポジティブに書いてみましたが、やっぱりこの記憶が抜け落ちるのが、私が成長しない理由な気がしてなりません。たくさん読んでも同じだけ忘れてしまったら何にも残らないよね。昔の嫌な記憶は消えないのにねぇ。不思議だなぁ・・・。

コメントを残す

*