気になる特徴:無理矢理は絶対にイヤ。自分でやりたかった~と泣く。

無理矢理は一番イヤだ

最近お風呂に入りたがらない子供ですが、療育先でお洗濯ごっこ(ハンカチを洗って絞って干す)を好きになったのでお風呂でもやらせてみたところ、なんとか入るようになりました。

自分で歩いて行きたかった

そういえばお風呂に入りたがらずにぐずっているあいだ、すごく些細なことですがひとつ気になったところがありました。その日もお風呂に入らないとごねていて脱衣所に連れてくる⇒走って逃げだす⇒連れてくる⇒逃げ出す・・・をあまりにも繰り返すので怒って子供を抱えて脱衣所に連れて行きました。

子供は泣いてイヤーッと叫び、泣きながらこんなことを言いました。「・・・自分で歩いて行きたかった・・・」・・・。え?何度も何度も隙を見て逃げ出し、それを説得してまた脱衣所へ連れて行くのはかなり時間も根気も必要です。お母さんはもう疲れたよ。

でも、子供にとっては無理矢理抱えられて連行されるのは屈辱なのか・・・?よくわかりませんが、抱えて連行されたことを泣きながら怒って訴えてきます。いや。お母さんにとって問題はそこじゃなくてお風呂に入らないことなんですけど、子供はそんなことは置いておいて無理矢理連れて来られたということにご立腹です。

私 「抱えて無理矢理連れてこられたことが嫌だったの?」
子 「うん。嫌だった!」
私 「・・・そうかぁ。じゃあ、もう一回向こうからやり直そうか。」
子 「うん」

そうして子供とふたりで手をつないで、抱えられる前の段階にいた場所へ戻ってもう一度脱衣所へ行きなおしました。そうするとすぐに子供は泣き止んで自分で脱衣所まで歩いてきたことに納得したようですんなりとお風呂に入ってくれました。

ひとつの事柄が心を支配する

一体なんなんだ。脱衣所から脱走し続けていたときは子供は「お風呂に入りたくない」という気持ちに支配されているようでした。その後無理矢理連れてこられたという更に大きい嫌な事が起こり、そっちのほうが重要に。それをふたりでやり直して「自分の意志で歩いて脱衣所まで行けた」ことで心が満たされてお風呂に入ることは気にならなくなったのではないでしょうか。

まだ本人が細かく説明できないのでよくわかりませんが、たぶん、重要度が 無理矢理連れて行かれること>お風呂に入ること なのでしょう。そしてまだ小さいので心がひとつのことに支配されるんだろうなぁ。私からしたら、問題はそれじゃない感が大きいのですが仕方ないですねぇ。

おしっこしてしまうかもしれないからお風呂に入れないと心配はするものの、無理矢理にでも服を脱がせてお風呂に入れてしまえば楽しそうに歌を歌ったり遊んだりしています。本人も「お風呂に入るまでが嫌なの?」と聞くと「ウン」と言っていました。過ぎてしまえば気にならない。神経質なようで結構適当なんだな。

うちの子は切り替えは早いほうなので、そういう部分もあってのことなんだと思います。脱衣所で服を脱がされて大泣きしても、お風呂へ押し込んでザバーンとお湯をかけられたあたりでもう泣いているどころか笑っています。さっき泣いていたのは何だったんだと思うくらい。

不安はすぎてしまえば大丈夫

この過ぎたら大丈夫か、大丈夫じゃない(ずっと泣いてる)かで対応はかなり変わる気がします。もし大丈夫なタイプだったら、ほんの少しくらいなら無理をしてチャレンジさせても「あ。やってみたら大丈夫だった!」となります。もしずっと泣いているタイプだったら無理をさせるとストレスが溜まってしまうんじゃないかなぁ。

うちの子がエスカレーターに乗れるようになったのはしがみつく子供を無理矢理エスカレーター上で降ろしてみたからです。人と会っても泣かなくなったのは町内会の会合で連れまわされるようになったからです。結構、やんわりしたショック療法ならうちの子には効き目があるようです。(強いショック療法はストレス与えそうで怖いので未経験)

残念なのはトイレトレ。こればっかりは無理矢理やらせようにもタイミングが掴みにくいし、これまで数回できてはいるものの、克服には至っていません。トイレやおまるでおしっこできたことは子供にとって嬉しいことや楽しいこと、気持ちいいことにはなっていないからでしょう。

うんちが出そうというタイミングはわかるけれど、おむつを外そうとすると狂ったように泣いて拒否&逃げるので今まで1回しか成功したことはありません。それも全然嬉しそうじゃなかったのでその後も続くことは無かったです。逆にオムツへの執着は強くなっています。大失敗ってことですね・・・。

あぁ、トイレトレ難しい。漏らさせろと言われるけれど、普通の子と違うんだもの。そうした結果がオムツへの執着なんだもの・・・。母の「もっと訳の分からない頃におむつを外させなかったからよ。遅すぎ。」の言葉が刺さります。そうかもしれないけれど今更仕方ない。本人が納得するまで諦めて付き合うしかないよね。

コメントを残す

*